【志望動機の例文あり】ルート配送の志望動機の書き方とは?ルート配送の履歴書/面接を突破しよう!

   

ルート配送は、安定した仕事量のため、給与や休みが安定するので働きたい方も多い仕事です。

ルート配送に転職を希望している方は、志望動機を履歴書に書いたり、面接で伝える際には、どのような内容を伝えると好印象を持たれるか気になりますよね?

今回は、ルート配送の仕事に就きたい方が知っておきたい、志望動機の良い例と悪い例を詳しく紹介します。

ルート配送の就活に役立つ!志望動機のポイントとは

ルート配送は、ドライバーの仕事の中でもかなり有名な仕事の種類のうちの一つです。そんなルート配送の就活に有利に働く志望動機のポイントはどこなのでしょうか?

ルート配送の仕事に興味を持った理由を伝える

まずはルート配送の仕事に興味を持った理由を伝えるのがいいでしょう。自分がルート配送を知ってからどのように志望するまでに至ったのかを簡潔に説明しましょう。

例えば言及しやすいのはルート配送で運ぶものです。

ルート配送は会社によって運ぶものや取引先が様々で、食品や飲料をスーパーに運ぶ仕事もあれば、自販機やコンビニ、さらには個人の家に届ける場合もあります。運ぶものも食品に限らず、工場や倉庫間で部品や商品を運ぶ仕事もあります。

このようにルート配送とはいっても様々な種類があるので、数あるルート配送の仕事の中でもなぜその仕事に応募したのかを説明できるようにしましょう

特に運ぶものに関して言及すると志望動機が書きやすいと思います。

自分のスキルを活かせることを伝える

ルート配送は仕事によって違いはありますが、やはり中型などの免許をスキルとしてもっていると、転職や就職で有利になってきます。

ルート配送は会社によっては普通免許さえあれば小型トラックを運転できるので十分という会社もあります。

一方で、普通免許を持っているだけでなく、中型免許も取得して4tトラックを運転できた方が会社にとっては魅力的な人材と映ります。

そのため、中型免許や大型免許を取得している場合には、その免許が活かせる職種であることに言及すると評価が高くなります。

さらに、ルート配送は配送先で人とコミュニケーションをとることが多いので、自分はしっかりコミュニケーションが取れるということにも言及しておくといいでしょう。

入社後の働き方について伝える

採用の際に会社が重視する情報として取得している免許や本人の能力などもありますが、他にもその人が入社後にしっかり働いてくれるのかという点もよく見ています

会社は採用した人がしっかり働いてくれないと、その人を採用するのに使ったお金と時間が無駄になってしまい、意味がありません。そのため会社はこのような事態にならないことに十分に注意して採用する人を選んでいます。

ここで会社の狙いを逆手にとると、「自分は会社に入った後しっかり働きます」としっかりアピールすることで会社に「この人なら安心して採用できる」と思ってもらえることが重要です。

免許や能力だけでなく、会社に入った後に誠実に働くことができることにも忘れずに言及しておきましょう。

ルート配送の志望動機例文・良い例と悪い例を比較

では、次にルート配送の志望動機例のいい例と悪い例について紹介していきます。志望動機は採用してもらうために重要なもののひとつなのでしっかりかきましょう。

ルート配送の志望動機・良い例

この章ではルート配送の志望動機例をご紹介します。上記のポイントを踏まえたうえで志望動機例を書いてみましょう。

「私は、自分の持つスキルを活かせると思いルート配送の仕事に応募させていただきました。私は高校、大学とラグビー部に所属していて筋力と体力を培ってきたため、配送業の荷物の積み下ろしなどもスムーズにこなすことができます。大学時代のバイトでスーパーの品出しを行っていたので、食品の扱いになれており最初から即戦力になれると考えております。

また、大学生の時に普通免許を取得してからは無事故無違反で、ルールを守って安全な運転を日々心掛けています。もし入社させていただくことになった場合は、中型免許や運転スキルを取得して戦力となれるように努力してまいります。」

では上の志望動機例についてポイントを解説していきましょう。

まず、自身のスキルを仕事に活かせることに言及しましょう。例えば、高校大学で部活をやっていた場合は、そのとき得た体力と筋力を仕事に大きく生かすことができます。

他にもバイトでスーパーの品出しや引っ越しをやっていたという方がいれば、そのバイトについても必ず言及しましょう。

そして最後はスキルや能力だけでなく、会社に入った後に誠実に働くことをアピールしましょう。会社は長くまじめに働いてくれる人を求めているため、会社の求める像に自分があっていることを主張すると効果的です。

ルート配送の志望動機・悪い例

では次に、NGな志望動機例を見ていきましょう。

「自販機の飲料のルート配送では人とかかわる機会が少なく、コミュニケーションをとらなくても働けるところに興味を持ちました。私の場合は接客業などが苦手ですが、もくもくと一人で作業をこなしていく仕事が得意です。

また、私は大学生の時に普通免許を取得していますが、あまり運転の経験がないので御社で運転スキルを学んでだんだんと上達していきたいと考えています。今はあまり働く実感がわからないですが、御社に入ってから仕事のスキルを学んでいきたいと考えております。」

この志望動機例にはいろんなNGポイントが含まれています。

まず、志望動機例では自販機の飲料という運ぶものについて言及しています。運ぶものに言及することはいいことなのですが、自販機の飲料の仕事が「人とかかわらなくていいから魅力的」という負の理由を使ってるところがNGです。

負の理由では自分の欠点を相手に伝えていることになり、相手にいい印象はもたれません

この部分を直すなら「人とかかわらなくていい」という点には言及せず、「黙々と作業するのが好きで、自販機の作業を素早くこなしていくことができる」などの正の理由にしましょう。

そして、「運転免許があまりない」「働く実感がわかない」ため会社に入ってから学びたいと書いていますが、これは自分が会社に現時点で役に立たないことを示しており、会社側からするとあまりこういった人を採用したいとは思いません

「自分は今~~ができないから御社で学ばせてください」という受け身の姿勢ではなく、「今~~を身につけるためにーーを頑張っていて、入社後も頑張っていきます」などの積極的な文言にしましょう。

こんな場合はどうしたら良い?ルート配送の志望動機のQ&A

以下ではよくある質問をまとめました。まだ疑問がある方は是非参考にしてみてください。

未経験者の場合

やはりルート配送の仕事でも即戦力が求められるため、経験者は未経験者に比べて転職や就職に有利になってしまいます。企業としては今すぐ一人で働ける即戦力が欲しいので、未経験者である人は経験に匹敵するスキルや能力を提示したいです。

もし、ルート配送の仕事の前に他の仕事をやっていたという人はその仕事で得たスキルや能力を活かせる可能性がないか考えてみてください。例えば、営業職をやっていた方は体力、コミュニケーション力があるとアピールすることができます。

他にも、学生時代にやっていたバイトや部活で培ってきた体力や筋力を、何もやってなかった人は、事故歴や性格などで仕事に結び付けられることを探してみましょう。

一方で、未経験者には経験者と異なりこだわりや以前の仕事への慣れがないという有利な点があります。経験者のドライバーは以前の職場でのルールにこだわったり自分流のやり方にこだわる人もいて、それを嫌う会社もあります。

そのため、未経験者でまっさらであることがメリットになる場合もあります。

志望動機の本音を書いても良い?

「実際に志望動機を書いてみたけど建前のことが多くて本当にこれでいいんだろうか?」

「志望動機は正直に書きたいけど、本音を書いたら悪い印象を持たれてしまうのではないか?」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

これに関しての答えは「嘘」はよくないですが、あまりにも本音を書きすぎるのは悪印象を与えかねないので避けた方がよく、バランスが大事です。

「例えば土日にしっかり休めるからルート配送を選んだ」という正直な理由があった場合は、「あまり働きたくない」と書くのは悪印象ですが、「土日はしっかり休んで平日はしっかり働くメリハリをつけたい」と書けば悪印象は持たれません。

このように伝え方次第で相手の印象は変わってくるので、嘘はつかず、自分が本当だといえる範囲内で言い方に気をつけるというのがいいでしょう。

嘘をついてしまうと、会社として意図しない人を採用することになるだけでなく、自分にとっても自分が適さない会社に入って苦しい思いをする可能性があるので、やめましょう。

まとめ

ルート配送の志望動機を書く際には、主に3つのポイントに注意しましょう。

①ルート配送の仕事に興味を持った理由

②自分のスキルがルート配送の仕事に活かせること

③入社後に自分が戦力になること

特に、会社がどういう人材を求めているのかを考えると、免許やスキルももちろん大事ですが、入社後にしっかり長い間誠実に働けるんだということをアピールしていくべきです。

ぜひ志望動機の参考にしてみてください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識