3トン車のサイズ/寸法/高さ/重さ/幅/長さはどれくらい?主要メーカーのサイズ目安を紹介

   

3トン車と聞くとどのようなトラックが思い浮かぶでしょうか。大型であれば10トン車、中型であれば4トン車、小型であれば2トン車が思い浮かぶことが多いでしょう。

しかし、3トン車と言われると、どのようなトラックでどれほどのサイズなのか、よく分からないのではないでしょうか。そこで今回は、気になる3トン車のサイズや積載量などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

小型に分類される3トン車

実際に運転をしているドライバーから2トントラックよりも便利で運転しやすいと評判なのが3トントラックですが、分類上は小型トラックとなります。

これは道路交通法で定められている規定で、小型トラックの条件となっている

  • 寸法   :全長4,700mm以内、全幅1,700mm以内、全高2,000mm以内
  • 最大積載量:3,000kg以内
  • 車両総重量:5,000kg以内

という数値に3トントラックが当てはまるためです。

3トン車のサイズと積載量は?

積載量

  • 最大積載量:3,000kg以内
  • 車両総重量:5,000kg以内

という縛りがあるところに注意が必要です。実際に積載しようとすると荷台にスペースがあるために積載できてしまうのですが、目いっぱいまで積載するとほぼ確実に過積載となります。

サイズ

一般的な3トントラックのサイズは、

  • 全長:4,690mm
  • 全高:1,975mm~1,990mm
  • 荷台長さ:3,115mm~3,120mm
  • 荷台の幅:1,615mm~1,620mm
  • 荷台高さ:380mm

ほどとなっています。ただしこれは標準タイプのものでワイド、ショート、ロングなどタイプが違うものはこれには当てはまりません。

3トン車の需要について

最大積載量は2トントラックとそれほど変わらない3トントラックですが、荷台もがっちりとしており、重さに耐えうることができるように作られているために足回りがしっかりとしていて運転しやすいという利点があります。

それでいて小回りは十分に利くために狭い路地などでも問題なく運転できるため街中で走るトラックとしては非常に使いやすいトラックということもあって人気となっています。

積載量の関係

3トントラックは荷台スペースが広く、荷物の積み降ろしもしやすいなっています。

それだけに載せようと思うとかなり荷物が載るのですが、目いっぱいまで詰めると最大積載量を超えてしまうというおそれがあります。過積載にならないように気を付けることが重要です。

道路状況

運転席などは小型トラックのために大型トラックほど広いわけではなく長距離に向いているとは言えない3トントラックですが、街中などを走るには非常に適しています。

ある程度の荷物を積載できる上に小回りが利くため運送や配送、集荷などで路地などにでも入っていくことができるというメリットがあります。

各メーカーでサイズが少し変わる

いすゞ「エルフ」

トラックの製造メーカーとして有名ないすゞ自動車のエルフの寸法は、

  • 標準タイプ    :車両全長4,690mm、全幅1,695mm、全高1,970mm、荷台の長さ3,120mm、荷台幅1,620mm、荷台高さ380mm
  • ロングボディタイプ:車両全長6,065mm、全幅1,890mm、全高2,170mm、荷台の長さ4,360mm、荷台幅1,800mm、荷台高さ380mm
  • 箱型タイプ    :車両全長5,005mm、全幅1,890mm、全高2,960mm。荷台の内寸の長さ3,150mm、幅1,790mm、高さ2,035mm

となっています。

日野「デュトロ」

テレビコマーシャルで有名な日野自動車のトラックでも3トントラックがあります。その代表的な車種であるデュトロの寸法は、

  • 標準タイプ    :車両全長4,690mm、全幅1,695mm、全高1,975mm、荷台の長さ3,115mm、荷台幅は1,615mm、荷台高さ380mm
  • ロングボディタイプ:車両全長5,985mm、全幅1,885mm、全高2,195mm、荷台の長さ4,355mm、荷台幅1,790mm、荷台高さ380mm
  • ワイドボディタイプ:車両全長1,670mm、全幅2,180mm、全高2,275mm、荷台の長さ4,355mm、荷台幅2,085mm、荷台高さ380mm

となっています。

トヨタ「ダイナ」

世界的に有名なメーカーであるトヨタのダイナの寸法は、

  • 標準タイプ     :車両全長が4,690mm、全幅1,695mm、全高1,985mm、荷台の長さ3,115mm、荷台幅は1,615mm、荷台高さ380mm
  • 超ロングボディタイプ:車両全長が6,820mm、全幅2,180mm、全高2,235mm、荷台の長さ5,000mm、荷台幅は2,085mm、荷台高さ380mm

となっています。

日産「アトラス」

日産の小型、中型トラックを代表するのがアトラスです。こちらの寸法は、

  • 標準タイプ    :車両全長4,690mm、全幅1,695mm、全高1,990mm。荷台の長さ3,120mm、荷台幅1,615mm、荷台高さ380mm
  • ロングボディタイプ:車両全長5,985mm、全幅1,930mm、全高2,175mm、荷台の長さ4,350mm、荷台幅1,790mm、荷台高さ380mm
  • ワイドボディタイプ:車両全長6,180mm、全幅2,220mm、全高2,240mm、荷台の長さ4,350mm、荷台幅2,080mm、荷台高さ380mm

三菱ふそう「キャンター」

三菱ふそうはトラックやバスなどを多く製造している会社です。そこの代表トラックであるキャンターの寸法は、

  • 標準タイプ    :車両全長4,690mm、全幅1,695mm、全高1,975mm、荷台の長さ3,120mm、荷台幅1,615mm、荷台高さ380mm
  • ロングボディタイプ:車両全長6,180mm、全幅2,040mm、全高2,235mm、荷台の長さ4,350mm、荷台幅1,900mm、荷台高さ380mm
  • 箱型タイプ    :車両全長4,845mm、全幅1,885mm、高さ2,895mm、荷台内寸の長さ3,100mm、幅は1,780mm、高さは1,845mm

となっています。

使い勝手のいい3トン車

3トントラックは2トントラックよりも荷物を積載できる上に足回りがしっかりとしているために運転しやすいというメリットがあります。

それでいて車両自体のサイズが急激に大きくなっているわけではありませんので小回りも利くようになっているために利便性が高いトラックだと言えます。

まとめ

街中での運送、配送に便利な3トントラックはドライバーにも人気で、中古車市場などでも人気シリーズとなっています。その利点を活かしての活躍が期待されているトラックと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識