4tトラックの寸法/サイズ/高さ/幅/長さを解説!ボディタイプ別にサイズを説明

   

求人募集でも数多く募集が出ている4tトラックはもっとも需要があるサイズのトラックであり、多くの業種で幅広く使用されているサイズです。

この物流業界になくてはならないトラックである4tトラックの種類や寸法について紹介していきたいと思います。

4tトラックの基本となるサイズとはどのようなものか

トラックは製造しているメーカーや車種によってサイズが違うので、まったく同じではないのですが基本となるサイズは以下のようなものです。

  • 全長7600mm
  • 全幅2200mm
  • 全高2680mm

そして荷台は以下のようなものが標準とされています。

  • 長さ6200mm
  • 幅2130mm
  • あおりの高さ400mm

だいたい車両重量は8t未満、最大積載量は5t未満程度となっています。

4tトラックと2t、大型トラックのサイズや荷台寸法の違いを説明します

同じく小回りが利くので街中の中小工場などでメインで使用されている2tトラックの寸法は以下のようになっています。

  • 全長4600mm
  • 全幅1690mm
  • 全高1990mm

もちろん横幅や高さも違うのですが、何といっても車長が3000mm違うのが目立ちます。これだけ違っていると実際に運転をするとかなり感覚的には変わってきます。

そして大型トラックは以下のようになっています。

  • 全長12000mm以内
  • 全幅2500mm以内
  • 全高3800mm以内

ここまで大きくなると資格や免許のない人にはまず動かすことができません。もちろん運転するためには大型免許が必要になってきます。

ボディタイプで違う車両寸法と荷台寸法とは?

4tロングボディ

車両寸法:全長8600mm・全幅2200mm・全高2680mm
荷台寸法:長さ7200mm・幅2130mm・あおりの高さ400mm

4tワイドボディ

車両寸法:全長8600mm・全幅2490mm・全高2680mm
荷台寸法:長さ6200mm・幅2340mm・あおりの高さ400mm

4tショートボディ

車両寸法:全長6140mm・全幅2170mm・全高:4350mm
荷台寸法:長さ4350mmm・幅2040mm・あおりの高さ:400mm

これらは単純に何が違っているのかというと「使用用途」です。建築資材を運ぶのか、配送に使うのか、街中で使うのか、郊外で使うのかといったことです。

何に使いたいのか、どこで使いたいのかで種類を使い分けていくのが良いでしょう。

4tトラックのサイズによってはオーバーハングに注意が必要です

普通車しか運転しない人にはあまり起こりえないことですが、トラックは大きくなると「オーバーハング」を起こすことがあります。これは「タイヤの外側にある車体部分」のことを指しています。

前輪であれば、それより前のバンパーまで。後輪であればリア部分までを指します。まっすぐ走っているときにはあまり気にすることはありませんが、曲がるときや車線変更の際に注意しなければいけません。

タイヤを基準にして曲がることになりますので、それよりも外側の車体は対向車線にはみ出したりしてしまうのです。タイヤの位置感覚がはっきりしているほど、その外側は意識できないので気をつけておきましょう。

4tトラックにサイズや寸法には違いがあるのです

同じ4tトラックでありながらこれだけ種類があるには理由があります。例えばロングボディは車幅や高さなどは変わりませんが荷台部分が長くなっています。これによって単純に多くの荷物を積むことができるのです。

重すぎる荷物を満載させると最大積載量を超える可能性があるために、「重くはないが数が多い」というものを運ぶのに適しています。

ワイドボディは横幅が広くなっています。このことによってパレットを平置きで横に2枚並べて積むことができます。ラッシングしたパレットなどを詰めて積んでいきたいときに便利です。

ショートボディは2tよりは大きいものの小回りが利きますので狭い路地にある会社や街中を走るのに適しています。それぞれの用途によって使い分けられるために種類がいくつか用意されているのです。

4tトラックは一番需要があるサイズでもあります

4tトラックはもっとも汎用性があるために運送業界、建築業界、食品業界などを問わずもっとも需要があるサイズです。それだけにもっとも種類や形状が多いサイズでもあります。

例えば、

  • 平ボディ(ダンプなど荷台に何もついていないタイプ)
  • バンボディ(俗にいう箱車。荷台にアルミの箱がついているタイプ)
  • ウイングボディ(荷台のバンの側面が大きく開くタイプ)
  • 冷凍冷蔵車(特殊なバンが荷台に設置され冷却器がついているタイプ)
  • 幌ウイング(ウイングの部分が幌になっているタイプ)

なども4tトラックがもっとも多くの種類がメーカーから販売されています。どんなところでも使い勝手が良いというのが4tトラックなのです。

まとめ

もっとも多く使われているのが4tトラックのためにそれだけ仕事も多くあります。4tトラックの運転経験があるというと色々なところで重宝されるでしょう。

自分が運転できるサイズ、求人が多く出ている仕事などを総合的に考えて就職活動、転職活動を行うのが良いでしょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - 転職お役立ち情報

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す