【表まとめ】大型トラック(10tトラック)のサイズ/荷台寸法/幅/長さ/高さを種類別で一気に解説!

   

業務の際に積む荷物のサイズに合わせて、これから新たにトラックの利用を検討されている方や、輸送委託を検討されている方の中で、大型トラックの導入を考えている人もいらっしゃいますよね。

しかし、”大型トラック”と言っても、運べる荷物の重量や車両のサイズ、寸法が具体的にどれくらいで、中型トラックとは何が違うのかがはっきりと分かっていないことも多いのではないでしょうか?

今回は、大型トラックの定義から、中型トラックとの規格比較や種類別の解説、具体的な車種の寸法・サイズまでを詳しく紹介していきます。

 

大型トラックとは?4t、2tトラックとの比較と利用用途の特徴

大型トラックとは、小型、中型などの数あるトラックの中でも最大と定義される規格のトラック全般をさします。

ここでは、大型トラックと、それ以下の規格である4tや2tトラックとの寸法・サイズの比較をまとめます。また、本記事では、大型トラックを10tトラックと定義して説明を進めていきます。

大型トラック 4tトラック 2tトラック
全長 12,000mm以内 7,600mm以内 4,600mm以内
全幅 2,500mm以内 2,200mm以内 1,690mm以内
全高 3800mm以内 2,680mm以内 1,990mm以内
最大積載量 6,500kg以上 5,000kg以内 2,900kg以内
車両総重量 11,000kg以上 8,000g以内 5,000kg以内

大型トラックと中型トラックでは、使用用途に違いが見られます。
中型トラックは、積載重量が軽く、かさばる荷物を運搬する際に利用されるため、大型トラックよりも利用時の費用対効果が優れているという側面があります。

一方、大型トラックは中型トラック以上に重量のある荷物を運搬することが可能となるため、建材をはじめとした重い荷物を運ぶ際には最適な車両サイズであると考えられます。

 

大型トラックの箇所別寸法

それでは、大型トラック全体の寸法とサイズを解説したところで、次に、箇所別の寸法を見ていきましょう。

荷台

大型トラックの荷台のサイズはおよそ9,200mm~9,600mmで、幅は2,200mm~2,400mmとなっています。

この寸法は、自動車メーカーの車種によっても異なってくるため、各メーカーの大型トラックで荷台を利用する際には注意が必要です。

車両

大型トラックの車両の長さの寸法は、全長が11,990mm、全幅が2,490mm、全高は3,170mm~3790mmとなっていますが、あくまでもおよその数値ではあるので、こちらも車両ごとに確認が必要です。

 

大型トラックのサイズ別比較

大型トラックは、荷台の長さや、車体の幅によって、大きく分けて4種類のサイズに分類することが出来ます。

ここでは、それぞれのサイズの大型トラックの寸法を表でまとめていきます。

10t 標準ボディ 10t ロングボディ 10t ワイドボディ 10t ショートボディ
全長 11,900mm 12,000mm 12,000mm 12,000mm
全幅 24,900mm 23,000mm 24,000mm 25,000mm
全高 2,860mm 3,800mm 3,800mm 3,000mm

上記のワイドボディや、ショートボディサイズの車両に関しては、車両設計上、睡眠用のスペースが存在しなかったりするため、長距離で車内で休憩をとるドライバーにとってはあまり快適とはいえない、という評判もあるそうです。

大型トラックの荷台別の寸法比較

ここでは、大型トラックに積載される、荷台別の寸法や利用用途、特徴の比較を表でまとめます。

平ボディー ウィング車 ダンプ 冷凍・冷蔵庫
荷台の長さ 9,000mm前後 10,000mm前後 5,100mm前後 12,000mm前後
荷台の幅 2,400mm前後 2,500mm前後 2,200mm前後 2,500mm前後
荷台の高さ 450mm前後 1,000mm前後 520mm前後 1,000mm前後
主な利用用途・特徴 土砂、建築資材から家具など幅広く 荷物を隙間なく側面から積み込み可能 建築現場など。最大積載量6.5t以上の多くの車両は大型ダンプと定義される 生鮮食品や冷凍食品、生菓子など

今回は大型トラックの中でも代表的なタイプの車種を紹介しましたが、この他にもセルフローダーやコンクリートミキサー車、消防車など特殊用途にも使用されるものが、大型トラックとして製造されています。

 

メーカー別大型トラックのサイズ・寸法

最後に、現在車両メーカーが生産している代表的な大型トラックの車両別のサイズや寸法を紹介していきます。

実際に大型トラックの導入を検討されている方は、ぜひこちらの一覧を参考にしながら、自身に最適な車両を探してみて下さい。

いすゞ ギガ

20年以上前から販売されている大型トラックで、安全装置の性能や、燃費の良さなどが高く評価されている車種になります。

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 7,860mm 5,100mm
2,190mm 2,490mm
高さ 3,460mm 500mm
車両総重量 20,000kg
最大積載量 94,000kg

日野 プロフィア

海外でも高性能な品質が人気のこちらの車種ですが、1992年に誕生して以来、衝突回避支援機能が搭載されるなど、今でもアップデートを繰り返している人気車種です。

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 11,950mm 9,670mm
2,400mm 2,490mm
高さ 3,790mm 267mm
車両総重量 25,000kg
最大積載量 11,000kg

日野 ドルフィン

こちらの車種は、前述した『プロフィア』が販売される1992年まで生産されていたモデルで、現行の大型トラックには標準で搭載されている、ハイルーフキャビンや、ウィンカーランプの反射板などをはじめて搭載した車両となっています。

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 7,740mm -
2,490mm -
高さ 2,970mm -
車両総重量 -
最大積載量 95,000kg

プロフィアよりも旧世代の車両となるため、詳しいデータまでは現在は公表されていませんが。現在でもドライバーが利用しやすい車として、運送業界の中では評判の車種となっています。

三菱ふそう スーパーグレート

3つのシリーズが生産、販売されているスーパーグレートは、そのバリエーションの多さから、使用用途のニーズに合わせて利用ができる車種として現在人気を集めている車種になります。

ショートキャブ

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 11,900mm 10,030mm
2,490mm 2,340mm
高さ 3,090mm 450mm

フルキャブ

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 11,900mm 9,550mm
2,490mm 2,340mm
高さ 2,970mm 450mm

スーパーフルキャブ

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 11,900mm 9,600mm
2,490mm 2,340mm
高さ 3,295mm 450mm
車両総重量 20,000kg
最大積載量 9,000kg

UDトラックス クオン

国内外問わず世界60ヶ国以上でトラックを販売しているUDトラックスのクオンは、低燃費を実現している大型トラックとして人気を集めています。

車両の寸法 荷台の寸法
長さ 11,900mm 9,500mm
2,330mm 2,490mm
高さ 3,035mm 450mm
車両総重量 20,000kg
最大積載量 9,100kg

まとめ

ここまで、大型トラックの定義から、車両別の寸法、サイズの比較、具体的な車種の紹介などを表を中心としてまとめてきました。

実際に、大型トラックを利用する際には、「どのような荷物を」「どれくらいの量」積載、運搬するのかを振り返った上で、一番利用しやすい車両を選択することがベストだと考えられます。是非、自身にとって最適な一台を探してください!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。


【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識, 転職お役立ち情報