オイルエレメントの交換時期はいつ?オイルエレメントの役割や交換にかかる費用も合わせて紹介

   

オイル交換の際に、オイルエレメントの交換を勧められた経験はありませんか。

しかし、オイルエレメントが何なのか、必ず交換しなければならないのかよく分からない方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オイルエレメントの役割や交換時期の目安、そして気になる交換費用まで詳しくご紹介していきたいと思います。

オイルエレメントの役割

「オイルエレメント」という単語を聞いたことがある人のなかでも、この「オイルエレメント」がよく分からない人もいると思います。

「オイルエレメント」とは「エンジンのオイルフィルター」のことです。フィルターの役割はオイルに混入した異物を取り除いてエンジンが正しく駆動するようにすることです。

エンジンオイルには、管のかすや金属粉など様々な物質が混入してしまいます。これは予防のできるものではなく、異物の混入は避けられません。

エンジンオイルに異物が混入している状態でエンジンを駆動させると、エンジンの性能が低下するばかりか、エンジンの破損や故障を引き起こすこともあります

そこで、エンジンにはエンジンオイルから異物を取り除く役割を持った、オイルエレメントというフィルターが備え付けられています。

オイルエレメント交換時期の走行距離の目安は?

「オイルエレメント」は異物を除去するフィルターの役割を持っているので、他のフィルターと同じように寿命があります。フィルターに汚れや異物がたまってきたら適切な時期にフィルターを交換しなくてはなりません

そこで、車の種類によってオイルエレメントの交換時期を説明していきます。

ガソリン車

一般的なガソリン車の場合、自動車メーカーの間ではオイルエレメントの交換時期の目安としては15,000kmまたは1年と言われています。

しかし、一般的な普通車の場合、オイルエレメントの交換は「20,000kmまたは1年半」程度でも問題がないとされています。

自動車メーカーの指定する期間が短い理由としては、交換によって会社の利益がおおきくなるから、とか、厳密に安全を確保するためには見込みの使用期間よりも短い期間にしないといけないなどがあげられます。

ディーゼル車

ディーゼル車はガソリン車に比べてエンジンへの負担が大きいのが特徴です。ディーゼルエンジンはガソリンではなく、「軽油」を使用していますが、軽油は高温で燃焼されるため、オイルへの負荷が大きくなるのです。

そうすると、オイルエレメントへのダメージも大きくなり、ガソリン車よりも短い「15,000km」程度でオイルエレメントの交換時期となります。

ハイブリッド車

ハイブリッド車は、駆動力として「エンジン」と「電気」を使って走る車であるので、通常であればエンジンにかかっていたすべての負担が半分に分担されます。

そのため、ハイブリッド車のエンジンへの負荷はガソリン車やディーゼル車と比べてかなり低く抑えられています。ハイブリッド車は「30,000kmまたは2年」程度がオイルエレメントの交換時期となります。

一方で、ハイブリッド車はオイルエレメントの交換回数が少なくて済む代わりに、バッテリーの交換があるので要注意です。

トラック

トラックの場合、オイルエレメントの交換時期は中型車で「25,000km」大型車で「20,000km」と言われています。

しかし、これはメーカーによって大きく異なる値なので参考程度にしておいた方がいいです。自分が乗っているトラックの会社のホームページでオイルエレメントの交換時期を調べ、少し長めに見積もるくらいがいいかもしれません。

オイル交換2回でオイルエレメント1回の交換でOK

オイルエレメントの交換は、オイル交換の際に合わせて行うことが多く、実際ガソリンスタンドでオイルの交換の際にオイルエレメントの交換も併せて聞かれることがあります。

しかし、オイルの交換をするときに毎回オイルエレメントの交換をする必要はありません。目安としては、オイルの交換2回につきオイルエレメントの交換を1回行う程度で大丈夫です。

この理由は、オイルの交換の目安の走行距離が、オイルエレメントの交換の目安の走行距離よりも短いためです。具体的にはオイルの交換時期は、ガソリン車で13,000km、ディーゼル車で10000km程度とされています。

ただし、走行環境が悪いと交換時期は短くなってきます。例えば、山道や砂利道を走ることが多いとか、街中での走行が多く、停車と発進を繰り返すことが多いなどの条件です。

オイルエレメントの交換をしないどうなる

では、交換時期を過ぎてもオイルエレメントを交換しなかった場合、どのような問題が起こってしまうのでしょうか。

オイルエレメントの目詰まり

オイルエレメントを交換しないとまずフィルターの目が不純物や異物によって詰まってしまいます。そうすると、フィルターの機能が低下し、十分に不純物や異物をこしとることができなくなってしまいます。

こうなってしまうと、エンジンオイルに不純物が混じった状態で燃焼されることになってしまい、様々な問題が発生します。

燃費の悪化

オイルエレメントが目詰まりを起こして不純物が混じった状態でオイルが燃焼されると、燃費が悪化してしまいます

オイルエレメントに不純物が含まれていると、例え同じペースで燃焼したとしても、そのうちのいくらかは燃焼しても意味のない無駄な燃焼となってしまい、本来得られるはずのエネルギーが得られず燃費が悪くなるのです。

エンジンの焼き付き

オイルエレメントの交換を怠っていると、不純物がオイル内に残るだけでなく、そもそもエンジン全体にオイルがいきわたらなくなってしまいます。

エンジン全体にオイルが行き渡らなくなると発生するのが「エンジンの焼き付き」です。エンジンは内部でエンジンオイルを燃焼していますが、オイルがない状態で燃焼させようとすると、燃焼させるものがないのでエンジンの焼き付きが起こってしまうのです。

オイルエレメント交換にかかる費用の目安

オイルエレメントの交換費用は平均で「7000円程度」かかります。

この金額の内訳は、

・オイル代:3000~4000円

・オイルエレメント代:1000~2000円

・交換手数料:1000~2500円

となっています。この金額は、ガソリンスタンドや車の部品専門店などによって変わってくるので目安として考えておいてください。

「交換が1回7000円もするのは高い」と思った方もいるのではないでしょうか。しかし、よくよく考えてみると、オイルエレメントを交換せずに燃費が悪くなって発生する燃料費と、エンジンが壊れてしまってかかる修理費と比べると、7000円は安いのではないでしょうか。

費用はある程度はかかりますが、交換をしなかった場合にかかる費用を考えると、交換しておくのが得策です。

自分で交換することも可能だが…

「オイルエレメントを交換することが大切なのはわかったけど、費用が高いから自分で交換したい!」と思った方もいるのではないでしょうか?

実際に工具をそろえてやり方を調べれたり、教えてもらえば自分でも交換できるかもしれません。

しかし、自分で交換することはおススメしません。なぜなら、オイルエレメントの交換を行うと、家庭では処分が難しい「オイル」や「オイルエレメント」といった廃棄物が出てしまうためです。

交換のための道具をそろえたり、交換によって出た廃棄物を処分するために費用がかかってきてしまうことも考えると、オイルエレメントの交換は専門のところに頼むのがおススメです。

オイルエレメントの交換はエンジンの寿命を伸ばす

オイルエレメントの交換は一見ただの消耗品の交換にしか見えず、あまり意味を感じられない人もいるかもしれません。

しかし、実際はオイルエレメントはエンジンの燃費に大きく関連しています。オイルエレメントは上記で説明した通り、エンジンオイルの純度を高めエンジンの燃焼効率を上げてくれます。

さらには、オイルエレメントの交換にはエンジンの寿命を大きく伸ばす効果もあります。オイルエレメントを交換すると、エンジンにきれいなエンジンオイルが供給されるようになるので、燃焼中のエンジンへの負担やダメージが低く抑えられ、寿命が延びるのです。

まとめ

オイルエレメントの交換には費用がかかってきて、一見面倒に感じられます。しかし、実際には様々な効果があり、毎回適切な時期にオイルエレメントを交換することで燃料費、修理費、はたまた車両の購入費が抑えられます

オイルエレメントの交換は是非怠らずに交換時期にしっかり交換することをおススメします。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す