オイルランプがついたり消えたりしたときは・エンジンオイル油圧低下の対処法

   

エンジンオイルの油圧が低下すると、運転席のパネルにあるオイルランプが点滅します。そのまま放置するとオイルが不足してエンジンが焼け付くことにもなりかねません。そのため早い対応が求められています。

これはランプがついたり消えたりする場合も同様です。そこでここではエンジンオイルの油圧低下について紹介していきたいと思います。

オイルランプがついたり消えたりする

オイルランプとは

エンジンが稼働中にエンジンオイルの油圧が低下した場合にはエンジンオイルランプ(警告灯)が付くようになっています。

このランプが点滅している時は「オイルが減少している」「オイルポンプが破損、劣化している」といったことが考えられます。

  • 黄色の警告灯

この表示灯のマークは国際規格で決められており、黄色のマークが表示されたら「注意」を意味しています。緊急停車する必要はありませんが、早めの点検が必要になります。

  • 赤色の警告灯

赤の警告灯マークは「危険」を意味し、重大な故障をしている、もしくは重大な故障を引き起こす原因があることを指示しています。

そのため、このランプが点滅すると速やかに安全な場所に停車し、すぐに点検、修理をする必要があります。

オイルランプが点灯するのはなぜ?

普通に走行していても少しずつエンジンオイルは消費されていきます。そのためエンジンオイルが減少しているということを意味する場合が多くなっています。

また、オイルポンプが破損、劣化しているときもうまくエンジンオイルを循環させることができないためにランプが付く場合があります。

オイルランプがついたり消えたりする場合

オイルランプが完全に付くのではなく、ついたり消えたりすることがあります。

これは走行することでオイルが循環して一時的にランプが消えるということがあるのですが、基本的にはオイルが減少しているかトラブルが起きていると考えた方が良いでしょう。

一時的に消えているから大丈夫だというのではなく、整備知識がある人に点検してもらうようにしましょう。

エンジンオイルの油圧低下がわかったら

走行をやめる

エンジンオイルの油圧低下がはっきりしている、警告灯が赤色に点滅しているという時には車を走行させずに停止させなければいけません。安全に駐車できるところに車を停止させるようにしましょう。

高速道路などの場合は非常停止版を使用して停車していることが後続車にわかるようにしましょう。

エンジンオイルをチェックしよう

自動車知識がある人であればエンジンオイルの残量をチェックしてみましょう。エンジンルームを開けて、オイルゲージを使用することでオイルの残量を調べることが可能です。

自動車知識がない場合は、無理をせずにロードサービスなどに連絡してプロに任せるようにしましょう。

点検・整備に出す

オイルランプが点滅している場合は、オイルの残量がある場合でも整備工場やディーラーなどに点検、整備してもらうようにしましょう。

オイルの残量があるのにオイルランプが点滅している場合はオイルポンプが故障している可能性があります

エンジンオイルの油圧低下を放置すると

エンジンオイルの油圧が低下しているのをそのままに走行しているとエンジンが焼き付いてしまったりして走行不能になることがあります。

道路を走行している時に急に走行不能になると事故につながる危険性もありますので、油圧低下がわかった場合はすぐに対応するようにしましょう。

エンジンオイルを交換しよう

エンジンオイルは自分で交換できる?

自動車知識がある人であれば自分でエンジンオイルを交換することは可能です。ホームセンターやカー用品店でエンジンオイルを購入して交換しましょう。

ただし、車をジャッキで持ち上げて車の下部分から古いオイルを抜いて交換しなければいけないために整備知識がない人が行うのは危険です。また、廃油の処理などを行う必要もあります。

ガソリンスタンドやカー用品店に依頼する

緊急の場合はロードサービスなどに連絡をしてレッカーしてもらう必要があります。

走行できる場合はガソリンスタンド、整備工場、カー用品店、ディーラーなどで交換してもらえますので、そこで交換してもらいましょう。費用はエンジンオイルの値段と工賃がかかることとなります。

エンジンオイル交換の時期・めやす

通常エンジンオイルは5000kmごとに交換するのが一般的です。普通に利用する場合であれば半年ほどが交換の目安となります。この数値を基準にして交換していきましょう。

エンジンオイル劣化の原因となるのは

悪路

舗装されていない悪路を走行しているとエンジンポンプなどの部品に負担をかけることとなりますので、劣化が進んでしまうことにつながります。

坂道が多い道路

坂道が多い道路ではそれだけエンジンに負担がかかるために、エンジンオイルの劣化も進むこととなります。

悪路や坂道などは「シビアコンディション」と呼ばれる走行となるのでエンジンオイルの劣化が進んでしまいます。

短い運転時間

1回あたりの運転時間が短いとエンジンが完全に温まって正常に動く前にエンジンを切ることになりますので、低温のまま走行することになり、オイルに負担がかかります

走行距離が長い

走行距離が長すぎるとそれだけ、長期間エンジンオイルに負担がかかりますので劣化が速くなることとなります。長距離トラックなどで、走行時間が長いという場合は早めの交換を心掛けるようにしておきましょう。

まとめ

エンジンオイルは安全に運転するために重要な役割を果たすものです。エンジンオイルが不足するとエンジンが焼き付いてしまうなどのトラブルが発生する可能性があります。

もしオイルランプが点滅したら早めに対応するようにしましょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す