トラック運転手におすすめな服装は?作業時/運転時/面接時の服装

   

トラック運転手の方は、作業や運転のときは可能な限り楽で動きやすい服装で過ごしたいですよね。

この記事では、作業時・運転時・面接時のおすすめな服装を解説いたしますので、適切な場所で適切な服装を選択できることができます!

運転手の服装はどんな格好がいいの?

トラックドライバーの服装は積み込みや荷降ろしの際は動きやすい作業着を着て作業してはいるものの、長・中距離の運転中となると作業着を来て運転を続けると疲労が早くなるため、運転中は楽な格好をしていることが多いです。

一方、コンビニやスーパーのルート配送といった短距離ドライバーの場合、車外での作業時間が多いため、作業着を着ながらの運転が多くなります。

制服がある会社と服装が自由な会社がある

会社によってトラックドライバー用の作業着を支給されるところと、服装は自由なところがあります。会社から支給された場合、自分で作業着を調達する必要がないため、作業着選びに悩む必要はありません。

しかし、会社が用意した作業着はその会社の看板を背負っているため、相手にだらしなさや不快感を与える着方や会社のイメージダウンをさせるような着方はもちろん、身だしなみには特に気をつけなければいけません。

反対に服装が自由のところであっても、あくまでプロのドライバーとして見られているという意識のもとで服装を選ぶようにしましょう。

積み下ろしなど作業中の服装

運転中とは変わり、荷物の積み下ろし作業は体を酷使するため、作業中の服装についてご紹介します。

基本は同じ作業服

基本的には運転中と作業中は同じ作業着であることが多いため、会社から支給される作業の場合は体が動かしやすいものとなっています。そのため、自分で作業着を用意する場合は作業をすること前提で選ぶ方が良いでしょう。

真夏はハーフパンツで作業することがある

特に真夏の積み込み作業は炎天下での作業が多く体力的にも辛くなるため、ハーフパンツで作業することもあります。ただし、あくまで自己責任となるため、安全には十分に注意する必要があります。

安全のためにヘルメットや安全靴は着用する

特に大型トラックでの輸送は荷物自体が大きく、重いものが多いため、作業中は安全のためにヘルメットや安全靴は必ず着用しなければいけない場合もあります。

ドライバーの身だしなみ

トラックドライバーの身だしなみは特に大きな指定がなく、自由なところがほとんど。そのため取引先や相手が不快に感じることがないような程度にしましょう。

髪型も自由なの?

髪型も特に指定はありませんが、積下ろしの際に安全上ヘルメットを着用するところもあるため、長時間ヘルメットを被っていても問題ない髪型の方がいいでしょう。

アクセサリーを付けて作業してもいい?

あまりにも大きくて作業に影響を与えるものは好ましくはありませんが、仕事に支障をきたさないものであれば自由につけても問題ありません。

但し、くれぐれも身につけているアクセサリーで怪我をしないようにしましょう。

面接時の服装はどんなものがいい?

トラックドライバーの作業時の服装についてご紹介しましたが、運送会社も一企業であることに変わりないため、就職試験の面接は一般的な就職試験と同じようにスーツで受ける方が望ましいでしょう。

まとめ

トラックドライバーは、その業務上安全に関しての決まりごとはきっちりと決められていることがほとんど。

しかし、それ以外のルールは厳しく決められているというわけではなく、自己責任である程度自由に決めることもできます。そのため、身だしなみに関しても相手が不快に感じない範囲で自由にして問題ないでしょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す