配車業務とは?仕事内容や平均年収/給料と辛いポイントなどを解説!

   

ドライバーのみなさん、「配車業務」という言葉を聞いたことがありますか?

配車業務とは自社のトラックドライバーにトラックを割り振り、必要な車を回して、仕事を配分する仕事のことを指します。

一見、ドライバーよりも楽そうなイメージが湧きますが実際にはドライバーとの信頼関係が非常に重要な仕事となっており、その信頼を築くのが大変なお仕事です。

配車係とドライバーの関係が上手くいかず転職を考えるドライバーもいるのだとか……。

今回は、配車業務について、仕事内容や年収などを解説していきます。

配車業務とは?

冒頭でも述べましたが、配車業務とは自社のトラックドライバーにトラックを割り振り、必要な車を回して、仕事を配分する仕事のことを指します。

例えば、ルートドライバーに対する配車係の仕事は、配車係がドライバーに新規の集荷内容や、配達する物を伝えます。

支店へ配車するドライバーに対する配車係の仕事は、積み忘れが無いように配車し、他社と提携して車を手配します。

いずれにせよ、配車係があってのドライバーですから指示の重要性は非常に高く、間違いが許されない、神経を使う仕事です。

配車業務のメリット・デメリット

配車業務にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

メリット ・ドライバーよりは年収が高い

・自宅でできる場合も

・体力の消耗が少ない

デメリット ・精神的な疲労が大きい

・残業が多い                 

・プライベートの時間が削られる

①メリット

配車業務はドライバーよりも年収が高い傾向にあり、パソコン一つでできるので在宅でできる場合もあります。

パソコンで指示をするため、体力面ではドライバーよりも消耗しません。

②デメリット

配車業務はドライバーとのやりとりをするのが仕事です。

ドライバーとの信頼関係が無いと、揉めたり文句を言われたり非常に大変で、そういった面で精神的な疲労が大きいです。

ドライバーは24時間仕事をしているため、電話も鳴りっぱなし。

残業も多く、プライベートの時間が削られてしまう恐れがあります。

配車業務の給料

配車業務は、年収320万円〜の人が多いです。

求人サイトに掲載されている配車係の年収は、だいたい320万円〜490万円がほとんどです。

残業や賞与で変動したり、大型車の配車や中型車の配車で給料が異なるようなので、その幅は大きいです。

平均的な月収は30万円〜40万円ということがわかりました。

待遇が悪く無い一方で、神経を使うため割に合わないという声が多数です。

離職率が高いので、待遇を上げざるを得ないという見方もできます。

続いては、配車業務が向いている人物像について説明していきます。

配車業務が向いているのはこんな人!

先ほどからなんども、配車係は神経を使うということを述べていますが、具体的に配車業務の仕事が向いているのはどんな人なのでしょうか。

配車業務のやりがい

配車業務のやりがいから、配車業務が向いている人物像を考えてみましょう。

配車係をしている人によると、「依頼された物を確実に顧客へ届けることができたとき」「ドライバーからの信頼を得たとき」「効率的な配車業務をしたとき」に、やりがいを感じられるそうです。

配車業務が向いているのはこんな人

配車業務が向いているのは問題解決能力コミュニケーション能力が高く文句や愚痴を言われも引きづらない、気にしない人物が向いているでしょう。

ドライバーの仕事は天候や事故、道路の混雑状況などによりイレギュラーな対応を求められることが多いです。

したがって、そんなときに落ち着いて最善の指示を出せる人が向いています。

また、配車係の仕事では、自分より10〜20歳も年上のドライバーに指示をし、管理をする立場になりますから、言い方や態度などに神経を使いますし、ドライバーから文句や愚痴を言われても仕事をさせる、頼まなければなりません。

文句や愚痴を言われても気にせず、年上の人とも積極的にコミュニケーションが取れる人物が向いているでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、配車業務についてまとめました。

配車係は、問題解決能力、コミュニケーション能力が高く、文句や愚痴を言われも引きづらない、気にしない人物が向いています。

自分が当てはまると思う人は、転職について考える際に配車係という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識