大型トラックの運転席高さはどのくらい?カーテンなどの内装についても解説!

   

トラック運転手は1日の大半を運転席で過ごしますが、一般車と一体どこが違うのか気になりますよね。

また、運転席の車内もどのようになってどのように過ごしているのでしょうか。そこでここでは、大型トラックの運転席に関してや車内を快適に過ごすための情報をご紹介します。

大型トラックは運転席の高さが違う

トラックの運転席の高さは一般車と大きく異なります。一般車の場合、通常のセダンタイプなどの場合、目線の高さはおよそ1.2mほどとなります。

また、ワンボックスカーの場合はおよそ1.8mの高さとなります。一方大型トラックの場合、運転席の高さはおよそ2.4mの高さとなっているため、一般車との2倍の高さとなります。

そのため、視界が広く、上から見下ろすような見方になるため、トラックの運転の方が疲れにくいとも言えます。

エアサス仕様の運転席で長時間の運転でも疲れにくい

ほとんどの大型トラックにはエアサス仕様になっており、運転中に感じる振動を軽減してくれます。特にトラックの運転をしていて最も負担になることが振動であるため、それを抑制できるのは大きなメリットとも言えるでしょう。

昔のトラックはエアサス仕様になっていなかったものの、近年はほとんどのトラックに採用されています。

大型トラックの運転席で仮眠も取れる

大型トラックの運転席は狭い印象ですが、少し工夫してスペースを確保することで仮眠をとることもできます。

どういうことかというと、運転席の椅子を後方へ倒し、ハンドルの高さを調整することができます。そのため運転席であっても広いスペースが生まれ、十分に足を伸ばして仮眠することもできます。

大型トラックの運転席の後ろはベッドになっている

大型トラックのキャビンはパッとみると運転席しかないように見えますが、実は運転席の後ろにはベッドが搭載されているため、後ろで快適に車中泊することができます。

一般的なベッドのサイズは幅60㎝×長さ210㎝ほどとなっているため、1人の場合は不自由なく寝られる広さとなります。また、このサイズに合わせてクッションなども販売されています。

大型トラックの車内は自分の部屋のようなもの

大型の長距離ドライバーの仕事はほとんどを車内で過ごすことになります。

そのため、少しでも快適に過ごせるように運転席を自分の好きなようにカスタマイズしても問題ありません。多くのドライバーが様々な快適グッズを車内に設置して自分の部屋のように工夫しています。

大型トラックの車内を快適にする5つのアイテム

大型トラックの運転手は長時間車内にいるほか、車内寝泊まりする機会もたくさんあります。そこで車内を快適に過ごすためのおすすめにのアイテムをご紹介します。

安眠するためのカーテン

トラックの運転席で安眠するためには、カーテンが必定品となります。このカーテンは多数販売されており、多くは遮光性に優れているタイプであるため、昼間であっても安眠することができます。

また、それ以外にも、過熱効果があるものや防炎素材を使用したものなど、様々な種類のカーテンが売られています。

車内テレビ

トラック用のコンパクトサイズのテレビも多く販売されています。このテレビは12Vと24Vの両方に対応したものが多く出回っているため、大型トラックの車内でも問題なく使用することができます。

また、テレビによって様々な機能が付いており、地上波放送でも鮮明に受信するものもあります。

万能な湯沸かし器

運転席での休憩の際は、インスタントコーヒーを入れたりカップラーメンを食べたりするときにお湯が必要となります。

そのため、運転席内で使用できる湯沸かし器も販売されています。短時間でお湯を沸かせるタイプや、大容量のタイプも存在するため、自分の用途に合った湯沸かし器を選びましょう。

冬場は加湿器

トラック内で使用できる小型の加湿器も販売されています。特に冬場などは車内も乾燥状態になるため、加湿器の存在は大きいでしょう。

最近は、よりコンパクトになり車内のどこにでもおくことができるため、購入を検討してみてはいかがでしょう。

夏の必需品扇風機

車内のシガー接続で電源を取るタイプの扇風機も販売されています。小型のお気軽に使用できるタイプや、風量の調整ができるものなど、種類も豊富です。

特に夏場の車内の暑さは厳しいため、扇風機の設置を検討することをおすすめします。

まとめ

大型トラックは長時間の運転がつきものであるため、運転の負担を軽減するために様々な対策を取り、少しでも快適に過ごすことが大切となります。

そのため、おすすめのアイテムを使い、自分の快適な空間を手作ってみてはいかがでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識