ブレーキローターの交換目安はどのくらい?ブレーキローターの役割と交換時期を解説!

   

ブレーキローターはブレーキパッドが挟んでいる円盤状の部品のことです。

ブレーキパッド、ブレーキローターは消耗品ですので劣化、磨耗していきますがどのあたりが交換の目安かを知らないという人が多いかもしれません。

そこでここではブレーキローターの役割とともに、交換時期の目安を紹介していきたいと思います。

ブレーキローターの役割

ブレーキローターとは

ブレーキローターはプレーキパッドが挟んでいる円盤状のものなのですが、ブレーキを踏むたびに少しずつ削られていくことで摩耗していきます。

そのため使い方や使用頻度などによっても寿命は変わってきます。特に加速と減速、停止などを繰り返していると摩耗は進んでいくことになります。

ブレーキローターに交換は必要か?

高い制御力を発揮するブレーキパッドをつけていてもやはりブレーキローターは摩耗していきます。

大事に使ったからといっていつまでも使えるというものではなく、あくまでも消耗品ですので寿命は訪れます。限界を超えて使用し続けると事故の原因にもなりますので寿命がきたら交換するようにしましょう。

ブレーキローターの交換目安

ブレーキローターの交換目安となる走行距離

欧州車、欧州向けの日本車などのブレーキローターは比較的柔らかい素材でできたものが使用されています。

そのため摩耗もしやすく、だいたい5万km前後で交換の時期がきます。ブレーキパッドの寿命も5万km程度ですので同じ時期に交換するのが良いでしょう。

国産車は普通に仕様していれば10万km程度が交換時期の目安となります。この場合はブレーキパッド2回の交換に対して1回交換するという感じになります。

ただし使用頻度や運転の仕方によってもかなり差がでますので、定期的に点検するのが良いでしょう。

ブレーキローターの交換目安となる症状

走行距離を目安にしていればある程度交換時期はわかるのですが、交換時期より前でも症状が出てくることがあります。

確認した時にブレーキローターにヒビが入っている、ブレーキを踏むと不自然な音が鳴るなどの症状が出ている場合は交換を考えた方が良いでしょう。

ブレーキローターのヒビや錆は交換目安なのか?

ブレーキローターのヒビ

ブレーキを踏む際にはブレーキローターなどにかなりの熱が発生することになります。こうした繰り返される温度変化によって熱膨張が起こり、「ヒートクラック」と呼ばれる「ヒビ」が表面に入ることがあります。

小さいヒビが入ったから急に使用できなくなるというものではありませんが、そのまま使用していると大きなヒビになっていき、割れてしまったりすることがありますので注意が必要です。

ブレーキローターの錆

ブレーキローターは錆びやすい材質でできているために雨が降った際などは表面に薄いオレンジ色の錆が出ることがあります。この錆は特に問題はなく、ブレーキを使用していると勝手にとれていきます。

しかし長期間使用しなかったことによって完全に錆びついてしまった錆の場合はブレーキを踏んでも錆の凹凸のためにブレーキの機能を十分に発揮できなくなります。

ブレーキローター表面のスジ

表面に薄いスジができてくるのはブレーキパッドのカスが固まって付いていく「メタルキャッチ」と呼ばれるものです。

これが付いていくと一度外してカスや固まった粒を取り除く作業を行わなければいけません。

表面だけでなくブレーキローターの全面に濃いスジが付いてくる場合はブレーキパッドの偏摩耗による劣化が考えられます。

いきなり走行するのに危険になるというわけではありませんが交換時期を考えてみても良いかもしれません。

これらの症状が出てきた場合、細かい判断がつかない場合は整備工場などで点検整備をしてもらうのが確実です。

劣化したブレーキローターを交換しないとどうなるか

ブレーキローターが交換の時期にきているのに使用し続けているとブレーキ性能が落ちていきます。

制御力が弱まり、ブレーキの利きが悪くなります。また、ブレーキパッドなど付近の部品の劣化が早くなるということもあります。

また、ブレーキフルードの加熱による沸騰で気泡が発生し、ブレーキの利きが急激に悪くなる「ペーパーロック現象」も起こりやすくなり、非常に危険です。

ブレーキローターを交換するには

ブレーキローター交換の費用

ブレーキローターの交換では1輪あたり4000円ほどの工賃がかかってくることに加えてローターが1~2万円ほどかかってきますので、4輪すべて交換をしていくと合計で6~8万円前後ほどかかるということになります。

ブレーキローターは自分で交換できる?

ブレーキは「重要保安部品」ですので、所有者責任の上で自分が使用している車両しか交換はできないということになります。

整備士の資格を持っているレベルの人でない限りはプロの整備士に任せるのが安全です。

ブレーキローターの研磨

ローター表面の錆やヒビは研磨することで改善できる場合があります。それぞれのローターには使用限界の厚さが刻印されているので、それを確認しておきましょう。

だいたいの場合は表と裏で2mmずつくらいが研磨の限界とされています。研磨工賃は研磨に3000~5000円ほど、それに脱着の工賃がかかる場合があります。

まとめ

ブレーキ周りの部品は車の中でも特に重要な部品です。その交換時期をしっかりと見極めて、交換時期がきたらプロの整備士に交換してもらうのが安全な方法だと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

[企業様はこちら]5分で読める、転職を考えてるドライバーの本音

転職を考えてるドライバーの本音
こんな方へオススメ
・ドライバーの採用が上手くいかない。
・もっと自社に合うドライバーを採用したい。
・もっと多くのドライバーを採用したい。

資料内容について
ドライバーの有効求人倍率は年々上昇し続けると同時に、ドライバーの平均年齢も上がり、会社へ求めるものなども変化してきております。
そこで、「転職を考えてるドライバーの本音」では、ドライバーの現職を辞める理由や、転職先に求めるものをデータをまとめました。
効率的に採用を進めるために、是非ご活用して頂ければ幸いです。
【目次】
・ドライバーが転職を検討する理由ランキング
・エリアごとで、ドライバーのニーズは異なる
・入社後、ドライバーが定着するための工夫まとめ
・経験者,未経験の採用ノウハウ
・採用方法(ハローワーク,求人広告,人材紹介,派遣)の選び方

資料ダウンロードはこちら >>

 - トラック運転手の基礎知識