大型トラックの寿命は10年以上?乗り方で寿命を延ばす方法

   

大型トラックにも「寿命」というものがあります。しかし普通車とは車両の大きさも部品の大きさも違うためにどれくらいが一般的な寿命かわかりにくいということもあります。

そこでここでは大型トラックの寿命について紹介していきたいと思います。

普通車よりも長い大型トラックの寿命!

大型トラックは酷使されるイメージがあるので寿命は短いものだと思われがちです。

しかし実際には大型トラックは使用されている部品が大きく、構造はシンプルなものが多くなっているため、意外と壊れにくいということがあります。

また、街中を走る営業車などは得意先や信号などのたびに発進と停止を繰り返すためにエンジンやブレーキなどに大きな負担をかけることになりますが、

長距離を走る大型トラックなどでは一定の速度で長く走ることが多く、発進と停止を繰り返すことはほとんどありません。

そのためエンジンやブレーキなどにかかる負担は少なくなるのです。そのため大型トラックの寿命は普通車よりも意外と長くなっているのです。

大型トラックの寿命について

経過年数による寿命の目安

運転頻度や運転の仕方、点検整備などによって寿命は大きく変わってきますが、経過年数で言えば、小型トラックがだいたい10年、中型トラックで10~12年、大型トラックで12~15年ほどだと言われています。

売買される価格もその「10年」「12年」「15年」などを区切りにして大きく変わってきますので売ったり買ったりする際はそれを参考にするのも良いでしょう。

走行距離による寿命の目安

こちらも条件によって変わってくる部分はあるのですが、だいたい走行距離は小型トラックで10万km、中型トラックで40~50万km、大型トラックで70万kmほどとなります。

大型トラックは一度運転すると長距離を走ることが多い分、走行距離はあっという間に増えていきますが、発進や停止を繰り返しているわけではないために長く持つということが関係しています。

定期的なメンテナンスが寿命を延ばす!

 

大型トラックの寿命を延ばしていくには、まず「修理、整備、部品交換、点検、メンテナンスをマメに行う」ことです。

出発前にドライバーが基本的な項目をチェックし、定期的に整備士による点検、整備を行う。ダメになっている部品は早く交換、修理するということを行っていれば100万kmでも平気で走ることができます。

ただし、大型トラックの部品はシンプルながらも大きくて高価なものが多くあります。

古いトラックの場合はそれらの部品をすべて交換したりするとかなりの額になりますし、オーバーホールを行うと数十万円以上かかることもあります。費用面に関してはどうするのが得なのかを考える必要はあるでしょう。

大型トラックの寿命を短くする原因とは?

点検の未実施

上記で述べた通り、点検や整備を行っていないと部品が劣化している、故障しているということに気付かずにそのまま走り続けることになります。

そうすると他の部品に不要な負担がかかることにもなり、トラックの寿命はどんどん短くなってしまいます。

消耗品の未交換

トラックの部品の中にはオイルやフィルターなどの消耗品もあります。これらは定期的に交換していかないと少しずつ色々な部品にダメージを与えていくことになります。

すぐにわかりやすく壊れるわけではないので、見過ごしがちですが必ず定期的に消耗品パーツは交換していきましょう。

同一車両を長く乗り続けるデメリットは?

修理費用の高額化

大型トラックは大事に乗っていれば長く乗ることができる車両ですが、古くなるとそれだけ修理費用、部品の交換費用が高くなっていくことがあります。

古い部品はそれだけ数が少なくなっているため取り寄せるのに時間がかかったり、高額になっていることがあるのです。

あちこちの高額な部品を交換しなければならなくなってきたら、買い替えるのとどちらが安いかを考える必要があるでしょう。

税金関係

新しく販売されているトラックなどは排ガス規制などに関係した減税制度に適用されるために少し税金が安くなるというメリットがありますが、

古い車両にはそういった減税が適用されないことが多く、高い税金を払わなければならないということがあります。

トラックの寿命は延び続けている!

トラックの平均車齢は年々伸びてきていて、2010年の時点で「普通車10.34年」「小型車9.21年」となっています。「平均車齢」とは最初に車両登録をしてからの経過年の平均で、人間で言えば「平均年齢」になります。

また、平均使用年数は2010年で「普通車14.87年」「小型車11.92年」となっています。平均使用年数とは新規車両登録をしてから抹消登録をするまでの平均年数のことで、

人間の「平均寿命」と同じことです。このようにトラックはうまく乗れば約15年乗ることが可能となってきているのです。

まとめ

大型トラックの寿命は普段の点検、整備などによって大きく差が出てきます。大事に乗ればそれだけ長く乗ることができるのです。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す