ルート配送の効率化は可能?ルート配送が効率化しづらい理由とは

   

トラックの中で最も普及していると言われているサイズは、中型と呼ばれる4t車です。そして、その4tトラックの仕事の代表例といえばルート配送ですよね。

ルート配送は扱う物量や件数も多いため、効率よく配達や集荷をこなすことが求められます。

そこでこの記事では、ルート配送の難しさや効率よく配送を行うためにドライバーに何ができるのか、またルート配送を効率化するために事業者ができることはないのかといった疑問を解決させていただきます。

ルート配送は運送の基本!

まだ運送業界での実務経験がない方などは、そもそもルート配送という言葉自体に聞き覚えがないかもしれません。

したがって、ここからの話を理解していただくためにも、まずはこの用語の意味を確認しておきましょう。

ルート配送とは、企業や業者から指定された商品を倉庫で積み込み、トラックで特定の配達先まで運搬する仕事です。

配達先と配送商品は基本的に固定されており、ドライバーは毎回決まったルートを走ることになるためルート配送と呼ばれています。

スーパーやコンビニへの商品の搬入がわかりやすいでしょう。現代社会ではどんな商品も生産者と販売者が分かれているため、その二つを結ぶルート配送の仕事は欠かせません。

ルート配送に用いられるのは主に4tトラックですが、その4t車がトラックの中で最も一般的とされていることからも、いかにルート配送の需要が高いか察せられますよね。

また、仕事の流れも「倉庫で荷物を積み込み、配達先で荷下ろしする」というシンプルなもの。この点でもルート配送は運送業務の基本であると言えます。

ルート配送を効率化しにくいポイント

ルート配送の意味を把握できたところで、今度はどのようなポイントがボトルネックになりやすいのかを見ていくことにしましょう。

配達と集荷が混ざる

ルート配送の効率化を妨げる要因の一つは、同じドライバーが配達と集荷の両方を行わなければならないことです。

集荷した荷物をそのまま別の目的地に配送するわけですから、当然と言えば当然ですね。しかし、集荷を行う地点と配達を行う地点がいつも都合の良い位置関係にあるとは限りません。

そもそも配達先は複数ですから、その数が多ければ多いほどルートのパターンが増えますし、多くの台数を使おうとすればそこでもまたパターンが増えます。

すべてのドライバーのルートを最適化し、かつ一人一人の仕事量が均一になるように配車を組むのは至難の業です。

時間指定

ルート配送で荷下ろしをする配達先は、先にコンビニやスーパーを例として挙げたことからも察せられるとおり、原則的に店舗もしくは事務所です。

こうした配達先には営業時間がありますから、早朝や夜中に行っても誰も出勤しておらず荷受けしてもらえません。

つまり、ルート配送の仕事にはただでさえ時間的な制約があるのです。ここにさらに時間指定が加わります。

配達先の中には搬入時間が限られている場所も珍しくなく、そうした配達先は到着時間をはっきりと指定してくるのです。

こうした時間指定が多くなるとそれだけスケジュールが圧迫され、近い順番に回ることも難しくなるため運行が非効率になりがちです。

道路状況の変化

ルート配送は基本的に毎日同じ道を走る仕事です。しかし、通るルートの道路状況までが毎回一緒とは限りません。道が空いているときはさほど気にすることもないのですが、問題は混んでいるとき。

事故や工事などで通行止めになることも考えられますし、季節によっては近場でイベントがあるなどの理由で交通量が増加し、渋滞が発生することもあり得ます。

このように、場合によっては迂回して目的地に向かわなければならなくなる可能性もつきまとうのがルート配送の業務です。道路状況の変化によるスケジュールの乱れにも注意して運行する必要があるのです。

ルート配送効率化の為にドライバーが出来ること

では、上記のような事態に対処するためにドライバーはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

配送・集荷のルートを事前に把握

方法としてまず考えられるのは、配送や集荷を行うルートを事前に頭に入れておくことです。

もちろんトラックにカーナビはついているでしょうが、運転中ずっとカーナビを眺めているわけにはいきませんし、イベントなどで道路状況が変わっているときなどはカーナビの情報では対処しきれない場合もあります。

カーナビに頼り切らない意識はドライバーとしての基本であるとも言えます。地場の道路網を自分の頭で覚えておくとスムーズに運転ができますし、不測の事態にも対応がしやすくなります。

ルートに合わせた積み込み

荷下ろしにかかる時間を最短化することも業務効率化のために有効です。

たとえば、最初に向かう配達先宛ての荷物をトラックの一番奥に積んでしまったら、わざわざ手前のものを一旦外に出してから荷下ろしを行わなければなりませんよね。

こうした手間は省いていかなければなりません。回る順番を頭に入れて、早く回る配達先の荷物ほど取り出しやすい位置に積み込むようにしましょう。

荷主との時間調整

忙しさや道路情報の急変など理由は様々ですが、どうしても時間指定に間に合わないケースというのも出てきてしまうかもしれません。

そのようなときは黙って遅れて向かうのではなく、荷主に連絡を入れて到着予定時間を伝えましょう。時間調整を怠るとクレームを招くおそれもありますので注意が必要です。

ルート配送効率化の為に事業者が出来ること

また、事業者側が気をつけるべき点についても紹介しておきます。

積載率の平均化

重要なことは、ドライバー一人一人の積載率を平均化することです。

全体での仕事の件数は一定なのですから、誰か特定のドライバーに荷物の集配を集中させると、必然的に他のドライバーの積載率が悪くなってしまいます。

これは全体としては効率が悪いですよね。また、仕事量が偏ることは不満の温床にもなります。

特定のドライバーに大変な仕事ばかりを任せていたり、逆に楽な仕事ばかりを与えていると、ドライバーの間で不公平感が生じ、職場の雰囲気の悪化に繋がってしまいかねません。

効率化という意味はもちろんですが、それだけではなくマネジメントの観点からも、仕事を均等に割り振ることは大切なのです。

ルート配送効率化の為のシステムの導入

現代の物流現場ではITを活かして効率化を図ることも可能です。運送会社やトラックドライバーが利用できるサービスの中には、配送ルートを最適化できるシステムやアプリが存在します。

そういったサービスを利用することで最も効率のよくなるルートを機械的に割り出すことができるのです。

ルート効率化のために使えるシステムは「グルっと」「リートクリエイター」などいくつかありますから、用途や職場の事情に合わせて選ぶとよいでしょう。

また、今後においてもより詳細な情報を管理できるサービスが新たに登場してくると予想されますから、しっかりアンテナを張っておくことも大切です。

まとめ

ルート配送は運送事業の基本と言っても過言ではない業務であり、それだけにルート配送を効率化することのメリットは職場の経営にとっても重要な課題となります。

マネジメントの工夫やテクノロジーの導入など、採用できる手段は多岐にわたりますので、それぞれの職場にあった方法で改善を図っていってください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

[企業様はこちら]5分で読める、転職を考えてるドライバーの本音

転職を考えてるドライバーの本音
こんな方へオススメ
・ドライバーの採用が上手くいかない。
・もっと自社に合うドライバーを採用したい。
・もっと多くのドライバーを採用したい。

資料内容について
ドライバーの有効求人倍率は年々上昇し続けると同時に、ドライバーの平均年齢も上がり、会社へ求めるものなども変化してきております。
そこで、「転職を考えてるドライバーの本音」では、ドライバーの現職を辞める理由や、転職先に求めるものをデータをまとめました。
効率的に採用を進めるために、是非ご活用して頂ければ幸いです。
【目次】
・ドライバーが転職を検討する理由ランキング
・エリアごとで、ドライバーのニーズは異なる
・入社後、ドライバーが定着するための工夫まとめ
・経験者,未経験の採用ノウハウ
・採用方法(ハローワーク,求人広告,人材紹介,派遣)の選び方

資料ダウンロードはこちら >>

 - トラック運転手の基礎知識