【法人向け】ドライバー人材紹介の利用方法と人気のおすすめ転職エージェント会社4選!

      2020/03/12

ドライバーの採用の方法は一つではありません。例えば求人広告を出すにしても最近では人材紹介を上手に活用している企業も増えてきました。

この記事ではドライバーの人材紹介会社を利用するメリット、そしてデメリットと採用までの流れ、費用についてご紹介いたします。

ドライバーの人材紹介とは

ここではドライバーの人材紹介についてご紹介いたします。

ドライバー人材紹介の流れ

まずは求人広告を出すために、担当者が募集したい人材の条件などのヒアリングを行います。

できるだけ細かくどんな人材が欲しいのかを明確に伝え、後になってミスマッチなどという事が無いようにしなくてはなりません。

次に募集広告を出し応募してきた方の中から、条件を満たしている方を探し出して紹介したり、すでに登録している人材の中から条件に合った方をピックアップして声掛けなどを行います。

最後に条件に合った人材を企業へと紹介して面接などを行い、企業と仕事を探している人材をマッチングさせるのが最終目的という流れになっています。

ドライバー人材紹介のメリット

人材紹介をしている企業では、求人広告を掲載するだけで費用が発生する事はありません。

ほとんどの場合は『成功報酬型』で、求人広告を出して条件を満たしている人材の応募が集まり、面接を行うという流れになっています。

そのため、面接をした段階までは費用がかからないというのが最大のメリットです。

この場合の費用はどこで発生するのかというと、実際に面接をして採用が決まった段階で初めて費用が発生しますので、余計な費用がかかりません。

さらに面接をする段階で、ある程度条件を満たしている人が集まってくるので、面接の回数も減らす事ができるのも大きなメリットです。

ドライバー人材紹介のデメリット

人材紹介の会社によって費用が高くなる事もあります。例えば採用が決まったら、採用が決まった人材の年収の何パーセントが請求される事もあるからです。

この場合、採用する人材の年収が多ければ多いほど費用はかさんでしまう事になります。

そのため人材紹介の会社を利用する場合には、採用が決まった時の費用の算出法などについてを予め知っておく必要があります。

後払いだから大丈夫であろうと思わずに、できるだけ最初の段階で報酬の算出法についてをよく調べておくと失敗が少ないかもしれません。

また、広告は人材紹介任せになるので、採用する時の広告の出し方やポイント、コツなどを覚えにくいというデメリットもあるでしょう。

ドライバー人材紹介の費用・相場

人材紹介を利用する時の費用は利用する人材紹介の会社によって違います。

例えば費用が固定されている場合なら、30万円程度で済むかもしれませんけれど、年収の何パーセントという計算だと高くなるケースもあります。

その場合は100万円近く請求が来る事もあるので、後から後悔しないためにも事前に採用になった場合に、

どのくらいの費用がかかるのかを予め計算しておくことも必要ですし、それ以上にしなくてはならないのは、事前の料金計算の応報です。

最初にわかっていれば後になって慌てる事もありませんし、無駄な費用をかける事もありません。

人材紹介と求人広告の違い

求人広告の場合、求人広告を掲載するための費用がかかる事が多いです。また、すべての媒体で求人広告を掲載できるというものではありません。中には掲載できない媒体が出る事もあるわけです。

さらに求人広告を見て応募した方の中には、条件を満たしていないけれど応募してみたという方もいるので、面接に時間がかかり欲しい人材が見つからない事もあるでしょう。

一方で人材紹介の場合はというと、募集条件を最初に提示しているので、ある程度条件を満たした人とのマッチングを行うので、時間の節約をする事ができるでしょう。

ドライバー人材紹介会社の選び方

良いドライバー人材紹介会社の選び方をご紹介いたします。

①担当者のヒアリングスキル

最初に押さえておきたポイントは、担当者の方がどのくらいこちらの希望する人材の条件を正確に把握してくれるかです。

例えばドライバーの仕事には色々な資格が必要になりますので、玉掛けや危険物に対する資格や経験があるかなどですね。

また、応募してくる方のために、労働時間、内容についても説明ができる方であるかどうかや、

トラック業界についてどのくらい知っているかなど、業界に対する知識も無いよりもあった方が、やりとりもしやすくなるでしょう。

②紹介・採用までにかかる時間

急に人が必要になる事も多いトラック業界ですので、急ぎで人を募集する時に迅速に対応してくれる人材紹介会社に依頼する方が安心ですよね。

さらに募集をお願いした時にどのくらいで人を集める事ができるのか、おおよその時間を確認しておきます。

最初の段階でその人材紹介会社に登録しているドライバーがどのくらいいるのかについてを調べておくと良いかもしれません。

なぜならドライバーの人数が多ければ多いほどすぐに人材の確保ができますし、過去の取引状況などを確認しておく事も必要です。

③費用提示は明確か

人材紹介の会社を利用する時には、費用提示されていない事が多いため、最初にかかる費用は必ず担当者に確認しましょう。

なぜ費用が提示されていないのかというと、紹介する人材によって費用が変わる事があるからです。

人材紹介会社のホームページ上で予め計算式を提示しているところは、おおよその計算ができますけれど、

中には「費用については応相談」といった相談形式、や見積もりによってやりとりをするところもあるので、担当者とよく相談しながら利用しましょう。

おすすめのドライバー人材紹介会社

ここではおすすめのドライバー人材紹介会社の詳細をご紹介いたします。

【1位】ドライバージョブ

ドライバージョブ
ドライバージョブを運営しているのは株式会社プレックス、物流関係のメディアにも掲載された人材紹介会社で、規模の大きさは問わず日本全国のドライバーと企業をマッチングしています。

業界最大手ならではのスピーディーな人材紹介はもちろん、現在のトラック業界の環境や転職同行など、さまざまな情報も提供しています。

登録ドライバーの数も1万5千人と多数です。ただし費用については応相談です。

>>【ドライバージョブ公式サイト】はこちら

【2位】ドライバー転職ドットコム

ドライバー転職ドットコム
トラックドライバーだけではなくバイクや特殊スキルを必要とする職種(運行管理など)の人材紹介など幅広人材を確保しています。女性の登録者数も多いので希望する人材の確保に向いているでしょう。

また、派遣会社も同時に経営しているので、雇用形態も希望に合った人材の確保が可能です。

最大の特徴としては条件が細かく設定されているので、よりマッチングミスが起こりにくいのでコストをできるだけかけずに人材を確保できそうです。

ドライバー転職ドットコムURL:https://www.driver-tenshoku.com/

【3位】タクQ

タクQ
タクQはタクシードライバー専門の求人紹介サイトです。

日本全国のタクシー乗務員募集の広告を掲載しており、就職お祝い金制度を実施していて応募する人に対してのサポートが充実している人材紹介サイトです。

求人を出す場合は無料相談をメールまたは電話で受け付けています。相談だけなら無料となっているので人材を募集する企業にとってもメリットが大きいでしょう。

性別に関係なく優良ドライバーを探したいという企業におすすめです。

タクQURL:https://www.taxi-qjin.com/

若手ドライバー採用のコツ

ここではどうやって若手ドライバーを採用に結び付けるか、そのコツについてご紹介いたします。

「長く働くことができる」を訴求する

今の40代~50代のドライバーとは違って、今の若い方は独特の考え方をしています。

安定して仕事ができれば自然と定着率が上がっていくのですが、人によって仕事を続けるかどうかの判定基準に開きがあるのが現状です。

例えば仕事がある日と無い日があって将来が不安だと感じたら、他の会社へと目が移ってしまうものです。

できるだけ毎日安定した仕事の供給ができると不安を感じる事なく長く務めてくれるようになるでしょう。

「労働条件」を訴求する

ご存知のように現代はネット社会ですので、ちょっとした事もすぐにネットで検索できてしまう時代ですので、ほとんどの若い方は自分が勤めている会社がブラックかどうかを判定する傾向にあります。

特に労働条件については他の同業者と比べて、悪いとわかると「この会社はブラックだ」と思い込んでしまう事があります。なので労働条件については最初の段階で明確にする必要があるでしょう。

他にも職場の就労実態情報などを事前に提示するというのも安心感を与えるでしょう。

「やりがいと成長」を訴求する

この仕事をする事、続けていく事で将来自分にどのようなメリットがあるのかを明確に提示する必要があります。

例えばこの仕事を続けるには様々な経験や資格を取得する事になるので、年収も増えたり役職がつくなどですね。

すると続ける事で得られる何かが自分にとって良い事か悪い事なのかを判断する事ができます。

若い人は漠然とした将来よりも「こうすればこうなる」という目標があれば、それに向かって進んでいきやすくなります。

「未経験からの挑戦可能」を訴求する

若い方が経験者に勝てない理由として「経験者優遇」なのでは?という不安があるからです。でも今経験があって頑張っている方だって最初は未経験者です。

なので未経験だからダメというのではなく、未経験の人に挑戦する場を与えると良いでしょう。未経験でもやる気があれば上にあがれると知れば、若い方も頑張ってみようという意欲がわきます。

会社として未経験者に対する教育制度や、資格取得支援制度を導入して募集に積極的にアピールすると良いでしょう。

まとめ

この記事では、ドライバーを募集する時の方法の一つである人材紹介会社の活用法、メリット、デメリット、そしておすすめのドライバー人材紹介サイトの紹介、

さらに若い方を積極的に採用したいという企業のために、若い人材をどうやって確保するのかについてご紹介いたしました。

まずはどこの人材紹介会社を利用するかを決めて、若い人材の確保のために明確に情報を提供し、より会社に合った人材の確保ができるきっかけを作ってみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識