4tトラックの排気量はどんどん削減されている?排気量による違いとは

   

4tトラックに乗っている方にとって、排気量を気にする機会は少ないかもしれません。

しかし、排気量が多い場合と少ない場合ではパワーが変わるため、運べる物や場所が変わってくるケースもあります。

この記事を読んで、4tトラックの排気量について理解しましょう!

4tトラックの排気量

4tトラックの排気量

  • 最大積載量5t未満
  • 車両総重量8t未満
  • 排気量は6000cc ~8000cc

になります。

4tトラックにも種類があり、

  • 標準
  • ロング
  • ワイド
  • ショート

に分かれています。

作業車としても車種が豊富な4tトラックは標準・ロング・ワイド・ショートと様々です。多くの作業現場で活用でき、中型なので移動における機動力のあるトラックになります。

4tトラックの排気量の目安は6000㏄~8000㏄程度

排気量は6000cc ~8000ccになり、燃費の平均は9.4kmなので燃費の面でも文句なし、この重量でそこまで燃費が悪いわけではないので、作業車として最適です。

普通乗用車と比べると、4tトラックの排気量はかなり大きい

普通乗用車の排気量は総排気量が2000cc以上になりますが、4tトラックの排気量は6000cc~8000ccなので、倍以上の排気量で、燃費はさほど普通乗用車とは異なります。

比べると、4tトラックの排気量は大きく、山間部や、沼地なども十分に走行可能なモデルです。都心などの町中でも十分な機動力を誇るばかりでなく、作業車としてもクレーン車、ダンプとして活躍しています。

同じ4tトラックでも、トラックの年式やメーカー、車種などによっても排気量は異なる

同じ4tトラックでも、その使用も異なります。十分にトラックは目的に合わせた業務に対して使用することが求められます。クレーン車、運搬、在現場作業車として4トントラックは様々な場面で活躍が見込めます。

またメーカーや年式、モデルによってもその性能も使用も異なります。

大型トラックの場合は9000㏄~30000㏄程度 など

大型トラックの場合は9000㏄~30000㏄程度になり更に現場密着型の作業車として利用します。ダムの建設現場や、山間の工事などまで対応していて、また目的に合わせた工事が可能となっています。

トラックの排気量にかかわらず、目的別で車両も分かれていてメーカーからも様々な車種がリリースしています。基本的には、細かい性能や機能はメーカー次第です。

トラックの排気量が大きいメリットとは

トラックの排気量が普通乗用車よりも多い事で物品の運搬を負荷なく行うことが可能で、また作業のためのパワーシャベルやクレーンとしても活躍可能なメリットを持っています。

また、走行が困難な場所でも無理なく走行が可能です。排気量が多いことはエンジンのパワーが多いので、その他の作業車の運搬、重い車体を動かせたり、荷物を運搬可能です。

運転がしやすくなるため、運転手の負担軽減につながり、排気量に余裕があれば運転も簡単になります。公道から賛同までパワフルな走行が可能で、作業者としても各目的別で使用可能です。

国産のトラックは海外のものに比べて同じ排気量でも馬力が劣ることがあるが、耐久性には優れ、更に排気量規制のためにエンジンも進化していてエコトラックとして経済的にも良い国産トラックもあります。

トラックの排気量の現状と今後

4tトラックを含むトラックの排気量の現状としては、排気量規制のために排気量のトラックの事例について紹介します。

現在はエコ化が進んでいるので、トラックの排気量を少なくなるようにメーカーでも製造しています。中には排気量が少なくても、エンジンの性能も向上しているトラックなども製造されています。

小排気量のトラックの例: いすゞ 『フォワード』

いすゞ 『フォワード』は中型トラックでも非常に高い評価を得ているトラックです。

1966年に誕生してから活躍してきた名車さながら、内外装を一新し、いすゞ商用車でも代表的な車種です。4HK1‐TCS型インタークーラーターボディーゼルエンジンを搭載しています。

まとめ

4tトラックの排気量は普通乗用車に比べると大きいのは作業や運搬を容易にするためです。

近年はエコエンジンなどの開発も進み、更にエコになり、運転しやすいのも特徴的です。排気量を減らす方向に進んでいて更に経済的に使用できます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報