大型トラックのブレーキの踏み方のコツを教えます!乗用車との感覚の違いに注意!

   

大型トラックのブレーキは、踏み方を間違えると大事故に発展する可能性もあるので注意が必要です。普通車の感覚に慣れている方は、大型トラックのブレーキの踏み方のコツを覚えるまでは苦労されるかもしれません。

そこで今回は、大型トラックのブレーキの踏み方のコツや、できるだけブレーキを使わずに運転するコツについて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

大型トラックドライバー必見!ブレーキの踏み方のコツ

大型トラックのブレーキを普通車の感覚で踏むと、とても危険です。普通車のブレーキペダルは上部から伸びているのに対して、一般的に大型トラックのブレーキペダルは床と接しています。

普通車でのブレーキ操作は、かかとを浮かせてペダルを踏むように教わりますが、大型トラックの場合はかかとを床につけ、そこを軸にして足の裏全体を使い、足首で調整するのです。

車体が重い上に10t以上もの荷物を積む大型トラックには、制動力の強いエアブレーキが採用されています。ですから荷台が軽ければ当然かかりやすくなります。普通車の感覚で踏んだらびっくりするレベルです。

その逆に最大積載量まで積んでいれば、空だったときが嘘のようにブレーキはかかりにくくなります。つまり大型トラックを運転するときは、荷台の状況によってブレーキの踏み方を変えなければならないのです。

ただしエアブレーキは、短時間にブレーキを頻繁に踏んだり緩めたりする「バタ踏み」をすることで、エアタンクの空気がなくなり、ブレーキは効かなくなります。実際にブレーキが効かなくなって事故を起こしてしまった事例はいくつもあります。

大型トラックを運転する際は、エアメーターのチェックも大切です。

大型トラックのブレーキの特徴とは

普通車のブレーキは、ペダルを踏んだ力をブレーキに伝えるためにブレーキフルードを使う「油圧式」のブレーキです。

一方エアブレーキは、文字通り「空気」を使って踏力を伝達するのです。なぜかといえば、フルード(油)よりも空気の方が、圧縮率が高いからです。その強く圧縮した空気の力で、強力な制動力が生まれるのです。

ただし油圧式ブレーキは常にブレーキフルードでブレーキ系統が満たされているのに対して、エアブレーキは制動に使った高圧の空気を再利用できないため、ペダルを緩めると排出してしまいます。

そのため頻繁にブレーキペダルを踏んだり緩めたりすると、新たな空気の圧縮が追いつかなくなり、エア切れを起こしてブレーキが効かなくなってしまうのです。

ブレーキをできるだけ使わずに大型トラックを運転するコツ

そもそも大型トラックは、その車体からして巨大なのですから、スピードの出し過ぎは厳禁、言語道断です。特に積載時は、ブレーキをベタ踏みしてもなかなか止まれません。

また、無駄なブレーキを防ぐためには車間距離も重要です。車間距離が充分にあれば余裕を持ってエンジンブレーキで減速できますし、積荷を崩す危険も減ります。

カーブや右左折時は、充分に減速して低速ギアに落としてから、クラッチを切らずに曲がります。クラッチを切ればブレーキを多用しなければなりません。エンストしてしまいそうなら半クラッチを利用しましょう。

大型トラックは一歩間違えれば走る凶器です。そのことを忘れずに、他のドライバーの模範となれるような運転を心がけましょう。

まとめ

大型トラックのブレーキの踏み方のコツを見ていきました。

普通の乗用車とは感覚が異なるので、大型トラックなりの踏み方の感覚を早くつかめるように練習しましょう。

大型トラックの求人を探している方は、下記から検索してみてください。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す