フォークリフトの寸法/サイズ/高さ/全長の平均はどのくらい?種類別の比較

   

建築現場、倉庫、工場などで荷物を運ぶのに欠かせないのがフォークリフトです。運送業や建設業などあらゆる分野で活躍している車両だと言えます。

もちろん運転するには資格が必要になるのですが、持っていれば幅広い現場で重宝されるでしょう。ここではそのフォークリフトの種類や寸法などについて紹介していきたいと思います。

フォークリフトの種類

フォークリフトといってもいくつかの種類があります。ここではそれぞれのフォークリフトについて順に見ていきます。

カウンターバランスフォークリフト

もっとも一般的なフォークリフトと言えます。フォーク(爪の部分)とマストが車両の前方にあり、人が乗る部分が後方にあります。

また、車両の後部にカウンターウエイトが備えられており重いものを持ち上げても前方に倒れてしまわないようになっています。また、タイヤの角度がかなり傾きますので小回りがきくようになっています。

リーチフォークリフト

かなり背が高いフォークリフトで車体が動いていなくてもフォークを前後に動かすことができます。運転席は無く、立ったままで運転を行います。

機動性が非常に高くて狭い場所で作業をするのに向いています。ただしカウンターバランスフォークリフトと比べると安定性が悪く、重い荷物を持ったまま急カーブをきると転倒することが多い車両でもあります。

サイドフォークリフト

車体の横の部分にフォークがあるフォークリフトです。運転席からフォークがはっきりと見えないのでかなりの技術が必要となります。

木材やパイプ鋼材のような長いものを運ぶのに適しており、専門性が高いフォークリフトとも言えます。

ウォーキーフォークリフト

作業をする人が歩いて操縦するタイプの手動式フォークリフトです。大きなフォークリフトが入れないような狭い場所で荷物を運びたいときに使用します。運搬距離が短い、狭い場所で頼りになります。

マルチディレクションフォークリフト

一般的なフォークリフトは前後に動き、左右には曲がることで動くものですが、このマルチディレクションフォークリフトは前後左右に走行することができるという特徴を持っています。

そのため操作性はあらゆるフォークリフトの中でも一番となっています。

フォークリフトの寸法はどのくらい?平均は?

フォークリフトにも色々なメーカーがあるためにそれぞれに寸法が違っています。また、ディーゼルタイプとバッテリータイプでも大きさが違っていますので注意しましょう。

代表的なフォークリフトの寸法

フォークリフトの寸法を見る際にいくつかの重要な項目があります。

  • 最大荷重・・・どれだけの重さまで持ち上げることができるか
  • 最大揚高・・・フォークがどれくらの高さまで上がるか

その他、「全長」「全幅」「マスト高」「ヘッドガード高」などがあります。例えば「コマツ」の「バッテリー式フォークリフト FB15XY-5」のスペックを見てみると、

  • 最大荷重:1500kg
  • 最大揚高:3000mm
  • 全長 :2950mm
  • 全幅 :1090mm
  • マスト高:1975mm
  • ヘッドガード高:2110mm

フォークリフトの寸法平均

メーカーによって寸法は違うものの、ある程度同じ性能のフォークリフトは近い寸法になることが多くなっています。もっとも差が出るのはディーゼルで動くか、バッテリー式かという違いです。

バッテリー式のフォークリフトは騒音が少なく、構造がシンプルなためにあまり故障しません。排気ガスもありませんし、充電だけで動きますので燃料に関してもあまり考えなくて良いというメリットがあります。

そのため町の工場や倉庫でも多く使用されていますが、長時間連続して使用するにはあまり向いていません。多くは長くても5~6時間が限界とされています。

最大荷重が1500kgのフォークリフトを各メーカーごとに見ていった平均としては、

  • 最大揚高:3000mmほど
  • 全長  :2080~2950mmほど
  • 全幅  :1090~1120mmほど
  • マスト高:1970~1995mmほど
  • ヘッドガード高:2025~2110mmほど

のものが多くなっています。

まとめ

フォークリフトは幅広い業界で荷物の運搬に欠かせない車両となっています。それだけに種類も多く、メーカーによって寸法も違います。

形状が違うということもありますし、最大荷重も違っています。それぞれのフォークリフトによって運転の仕方も大きく変わってきます。

フォークリフト_車運搬

どのような場所で使うのか、どのような用途に使うのかによってフォークリフトを選ぶようにするのが良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識