大型免許を取得するとハローワークでもらえる助成金、教育訓練給付金制度とは

   

ハローワークには「就労支援」「教育訓練給付金」など就職を斡旋してくれたり、大型免許や普通免許取得のための助成金を出してくれる制度があります。

教育訓練給付金の制度を利用すると、大型・中型・普通免許などの免許取得にかかる費用の20%を負担してもらええるというメリットがあります。

ここでは教育訓練給付金の給付条件、申請方法などを紹介していきたいと思います。

大型免許取得に助成金が出るって本当?

教育訓練給付金制度とは

教育訓練給付金制度は厚生労働省認可の資格取得を目指している人が教習所や専門学校、通信教育などを利用した場合に入会金や授業料などの負担金のうちの20%(上限10万円)を国が負担してくれるという制度です。

働く人の能力開発、技術取得を目指しており、キャリアアップのために資格を取得するということを支援することが目的です。

教育訓練給付金の給付対象者

教育訓練給付金は誰でも無制限に給付されるわけではなく、対象者となるには条件があります。

  • 在職者であり、支給要件期間(被保険者として雇用された期間)が1~3年以上ある人。
  • 離職日の翌日以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ支給要件期間が1~3年以上ある人。
  • 過去に教育訓練給付金を受けたことがある場合、それから3年以上経過していること。

というものです。

ハローワークで大型免許取得の助成金を得るには

助成金申請の流れ

まずハローワークで給付金資格の照会を行い、自分が利用できるかどうかを確認します。そして厚生労働省が指定している講座を開講している機関で入所の手続きを行います。

入所する際に「教育訓練給付金制度を利用する」ということを伝えておき、必要書類を用意してもらいましょう。その後、実際に資格取得に向けて活動します。

この時に必要になる費用は自己負担となり、手続き終了後に給付金が出ることになります。

講座が終了すると、講座を受講していた機関から必要書類が交付されます。それらの書類を持って1ヶ月以内にハローワークに行って手続きを行います。審査を通過すれば給付金が支給されます。

助成金申請に必要な資料

助成金申請に必要になるのは、

  • 教育訓練給付金受給資格者証・・・ハローワークが発行
  • 教育訓練給付金支給申請書・・・教育機関が発行
  • 教育訓練修了証明書・・・教育機関が発行
  • 講座受講料の領収書・・・教育機関が発行
  • 離職票・・・利用者が準備
  • 雇用保険受給資格者証・・・利用者が準備
  • 本人確認書類・・・利用者が準備

となります。

助成金申請の際に注意すること

まず実際に受講を開始する1ヶ月ほど前に申請手続きをする必要があるということと、自分が受けようとしている講座が給付金制度の対象となっているかどうかを確認しておくことが必要です。

また、自分が給付金制度を利用できる条件を満たしている対象者であるかどうかも合わせて確認しておかなければいけません。

ハローワークで確認し、条件を満たしていれば「教育訓練給付金受給資格者証」を発行してもらえます。

大型免許を取得するメリット

大型トラックを運転できる

大型免許を取得すると大型トラックを運転することができるようになります。

トラックドライバーにも色々な種類がありますが、平均して年収が高いのは「大きなトラック」「長距離トラック」ですので、高い収入を目指す人はぜひ取得しておきたい資格です。

大型トラックドライバーの求人と待遇

運送業界は深刻なドライバーの高齢化とドライバー不足に悩まされています。そのためトラックドライバーの求人は常に出されている状況で、特に大型トラックドライバーはどの運送会社でも求人が出ています。

そのため給与面や福利厚生面も良くなっているものが多く、大型免許を持っていれば就職や転職に大きく有利になることは間違いありません。

大型トラックドライバーの将来性

ネットショッピングが増加するにつれて運送業界の需要も増加してきています。それに反してドライバーが不足してきているということもあって大型トラックドライバーの需要は高まる一方となっています。

これらのことを考えると大型トラックドライバーとしての仕事はなくなることはなく、ますます必要とされていくと考えられます。

普通免許も!大型免許以外に活用できる助成金

普通・中型・準中型免許

普通免許は取得した年度によって運転できる車両が違っているのですが、現在普通免許を新規で取得しようとすると「3.5t未満」の車を運転できる免許ということになります。

3.5~7.5tまでが準中型免許、5~11tまでが中型免許ということになります。

街中を運送、配送する場合などは小型トラック、中型トラックが多く使用されるためにこういった仕事を考えている人におすすめできる免許です。また、大型免許へのステップアップとしても利用されています。

普通二種・大型二種

「二種」免許は物を運ぶのではなく、人を運ぶために必要になる免許です。普通二種ではタクシーが、大型二種ではバスを運転することができるようになります。

タクシードライバーやバス運転手を目指す人が取得する免許となっています。

大型特殊・牽引

大型特殊免許はブルドーザーやショベルカーなどの建設重機を運転できるようになるものです。工事現場で勤務することが多い人であればぜひ取得しておきたい免許です。

牽引免許はトレーラーを運転するのに必要になる免許で、大型免許と組み合わせて取得しておくと仕事の幅が大きく広がります。

まとめ

トラックドライバーをしていく上でぜひ取得しておきたい大型免許などの免許はハローワークで手続きをすることによって助成金が給付される可能性があります。

条件を満たしているかどうかもハローワークで確認できますので、免許の取得を考えている人はぜひ利用していきましょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - 転職お役立ち情報

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す