2トントラックの寸法/サイズ/高さ/幅/長さを解説!必要な免許も紹介

   

これから運送業界や土建業界に就職を目指す人の中には、2トントラックの運転免許を取得しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

2トントラックは、現行の日本の運転免許制度では、準中型以上の運転免許所持者であれば、ほとんどの人が運転できます。

そのため、運送業界や土建業界では、就職志望者に対して準中型以上の運転眼巨を所持しているかどうかを必須要件にしている企業が数多くあります。

また、初めてトラックを運転しようとする人から注目を集めているのです。そこで、2トントラックの形状や積載量など特徴について詳しく説明します。

2トントラックの特徴とは

一般的な分類基準から言えば、小型トラックですが、積載量については、多くを期待できません。車種によっては、上記のように準中型以上の運転免許所持者でも運転かのであるため各方面から多数の需要があります。

2トントラックの具体的な基準とは

車両総重量が5トン未満、最大積載量が2.0~2.9トン、車両寸法はその形状によって複数の種類があります。形状は平ボディ、アルミバン、クレーンなどです。

サイズについても同様に複数の種類があります。よく見られるいわゆるショートタイプでは、全長4.7m以内、全幅1.7m以内、全高2.0m以内です。

荷台寸法についても、車種によって異なります。いろいろありますが、一例として、平ボディのショートタイプの場合には、荷台長3.1m程度、荷台幅1.6m程度、荷台高0.38m程度が標準です。

2トントラック、中型トラック、大型トラックのサイズの比較

当然のことですが、この3つのタイプはサイズが異なります。ここでは、中型トラックの場合についてご説明します。

中型トラックは全長12m以内、全幅2.5m以内、全高308m以内です。2トントラックの全長が4.7m以内ですから、中型トラックの場合には2.5倍以上となります。

中型トラックと大型トラックで、全長・全幅・全高で差はありません。ただし、最大積載量と車両総重量については、大型トラックが最上位にランクされています。

2トントラックはどこに流通しているのか

多く使われているのは、引越し業者が業務用として使う場合です。多量の荷物を輸送するために長距離を移動することに使うことはほとんどありません。

ただし、単身者が引越しをする場合には、家財道具が少なく配送量が少ないため、2トントラックでも間に合う場合があります。

ほかにも、2トントラックは、引越しだけでなく、飲食品や企業製品等一般消費物資の配送等非常に幅広く利用されています。

「ボディタイプ」でサイズが変わるのが2tトラック

実はいろいろなサイズの2tトラックが存在することをご存知でしょうか。ロングタイプ・ワイドロングタイプといった2tトラックです。

ここでは、ロングタイプとワイドタイプの具体的な車両寸法や荷台の寸法について詳しく紹介します。

2tトラック・ロングタイプの車両寸法と荷台寸法を知る

車両寸法は、車長は6.0メートルほど、車幅は1.9メートルほどです。荷台寸法は車種によって多少の違いはありますが、ほぼ以下のような大きさとなります。

荷台内寸長は4.3メートルほど、荷台内寸幅は1.7メートルほどですが、特にロングタイプは雑貨等の小口集配用に利用されることが多いのが特徴です。

2tトラック・ワイドロングタイプの車両寸法と荷台寸法を知る

車両寸法は車長6.0メートルほど、車幅は2.1メートルほどです。荷台寸法はロングタイプ同様、車種によって多少異なる部分はありますが、ほぼ以下のような大きさとなります。

荷台内寸長は4.3メートルほど、荷台内寸幅は2.0メートルほど特にワイドロングタイプは、大きなものを運搬するため大口集配用に利用されることが多いことが特徴です。

「2tトラックを運転したい」と思ったらこの免許が必要

みなさんがよく知っている「普通自動車免許」の場合、ごく限られた車両しか運転できません。

最大積載量が2t未満・車両総重量が3.5t未満であり、普通自動車免許で2tトラックを運転することは不可能ではありませんが、運転可能な2tトラックの車種は非常に限られます。

しかし、法制度の改正がおこなわれ、平成29年3月12よりあとに普通自動車免許を取得した場合は「準中型車(5t)に限る」という条件に変更になりました。

つまり、運転できる車両の種類が増えます。最大積載量が3t未満、車両総重量が5t未満となり、普通自動車免許でさまざまな種類の2tトラックを運転できるのです。

2tトラックのドライバーになるのは難しくない!

いろいろなタイプの2tトラックについて紹介してきました。そして2tトラックは平成29年3月12日以降、普通自動車免許で運転可能になったこともあり、今では非常にたくさんの人が2tトラックを運転できるようになりました。

そのため、2tトラックのドライバーになるためのハードルは限りなく低くなっていると言えるでしょう。ただし、実際にドライバーを雇い入れる企業側は安全面も考慮して、「準中型免許」をもっている人を優先的に採用することが多いようです。

2tトラックを運転する職種への転職を考えている場合には、普通自動車免許に加えて準中型免許の取得も視野に入れておくと、転職活動がよりスムーズに進むでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識