【例文あり】ヤマト運輸に転職したい人のための自己PRテクニック

   

ヤマト運輸の募集広告をご覧になった方はどなたでも、教育制度もあるし福利厚生もしっかりしているので、働いてみたいなと感じた方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はヤマト運輸に運転手として応募する時の自己PRのポイントをご紹介いたします。

ヤマト運輸のセールスドライバーになりたい

まずはヤマト運輸のセールスドライバーになりたい方に、ヤマト運輸のセールスドライバーとは何かや魅力をご紹介いたします。

セールスドライバーとは

ヤマト運輸ではドライバーとは言わずにセールスドライバーという言い方をしますね。ドライバーというと運転するだけが仕事という印象を受けますが、ヤマト運輸では宅急便の荷物の配送や集荷だけが仕事ではありません。

荷物をお届けした際にお客様から商品の代金を代わりに徴収したりする業務もありますし、お客様の自宅や事業所へ荷物を集荷したりするので、営業としての役割も担っています。

だからヤマト運輸ではセールスドライバーと言うのです。

ヤマト運輸はホワイト企業

ヤマト運輸というと知らない人はいないほどの大きな企業です。福利厚生面でもしっかりとしていてお客様に対しての教育もしっかりとしています。

お給料の面でも満足度の高い金額となっているのでホワイト企業の一つです。

昨年以前は運送業界では労働時間が長く大変な仕事でしたが、最近ではセールスドライバーのストレスの軽減や健康への配慮もされているので、働いている方が働きやすい環境の整った企業なので、人気の高い企業でもあるのです。

ヤマト運輸の面接での自己PRのポイント

ここではヤマト運輸の面接を受ける時の自己PRのポイントについてをご紹介いたします。

セールスドライバーに向いているか

まずは自分がセールスドライバーに向いているかどうかです。セールスドライバーに向いている人は「冷静」である必要があります。運送業界では常に何が起こるかわからない業界でもあるのです。

またお客様と直接かかわる方なので、できるだけ性格が明るい方で人と接するのが苦にならない方が向いているでしょう。さらに常に動いている仕事なので健康で運動が好きという方も向いています。

資格・キャリア

セールスドライバーとして働きたいと思っている方に必要な資格やキャリアですが、基本的にセールスドライバーが運転する車両は大型のバンである事が多いので、普通免許を取得していれば問題は無いでしょう。

AT限定だとダメなのでは?と不安になる方もいるかもしれませんが、ヤマト運輸ではAT車も多数あるので限定免許でも問題は無いでしょう。ただし取得後の運転経歴が1年以上である必要があります。

余談ですが中型免許を持っていれば尚有利になります。

なぜヤマト運輸を選んだのか

ここが最も重要なところです。どうしてヤマト運輸を選んだのかをアピールする必要があります。

例えばお給料の面や大手企業なので福利厚生面がしっかりとしている点、ヤマト運輸のセールスドライバーに憧れていたからというのも良いでしょう。

車の運転が好きで人とかかわりを持つのも好きという部分をアピールしてもいいでしょう。

中にはヤマト運輸の制服が好きだからといったアピールなどもあるようですが、運転手として仕事をするならヤマト運輸が良いと思っていたというアピールができれば良いでしょう。

ヤマト運輸での自己PR・よい例文

ここではヤマト運輸に応募する際に有利になるかもしれない自己PRの良い例文をご紹介いたします。

参考にしたい例文

もともと人と接する事が好きで運転の仕事にも憧れていました。取得している免許は普通免許ですが小さい頃から暮らしている街なので、周辺地域の土地柄や周辺道路にも明るいです。

またプライベートで荷物の配送をお願いしたり、受け取ったりした時のヤマト運輸のセールスドライバーと接する機会があり、その時にヤマト運輸のセールスドライバーにあこがれを抱きました。

ドライバーとして仕事をしていましたが、どうしてもヤマト運輸でセールスドライバーをしたくて応募いたしました。

意欲と資格を上手にアピール

例文の中には自分が取得している免許と免許を取得する動機、自分が暮らしている地域の情報をよく知っているという点、さらに地域の道を知っているという点をアピールに盛り込んでいます。

なぜヤマト運輸のセールスドライバーに応募しようと思ったのかについても、ヤマト運輸を普段から使っていてセールスドライバーと接する機会が多く、

その中でヤマト運輸のセールスドライバーに憧れたという部分も盛り込んでいます。

さらに自分は他の企業でドライバーとしての経験を持っているという点もさり気なくアピールできています。さり気なくではありますが相手が知りたい事がわかる内容にすると良いでしょう。

ヤマト運輸での自己PR・悪い例文

ここでは悪い自己PRの例文をご紹介いたします。

参考にしてはいけない例文

応募した理由は自宅が営業所から近かった事です。ヤマト運輸は大きな企業なので、福利厚生がしっかりとしていてお給料も高いという話も耳にして興味を持っていました。

運送業界では人が不足しているという点や、運転免許も持っていてドライバーの仕事もしてみたいと思っておりました。ヤマト運輸のセールスドライバーはいつもにこやかなので、楽しく仕事ができる可能性を感じました。

またトラック業界は物流の中心なので、将来性が高く長く務めるのに最適で魅力を感じたので、中でも大企業のヤマト運輸を選んで募集しました。

身近な例を挙げてみよう

良い例とは違ってヤマト運輸で仕事をしたいという意欲が感じられません。確かにドライバーは不足気味で広く募集をしていますが、その会社じゃなくてはいけないというアピール力に欠けます。

これでは人が足らなくても採用の可能性は低いでしょう。例えばお給料が良いとか福利厚生が良いと聞いたという話ではなく、

御社のドライバーさんがいつも丁寧に楽しそうに働いている姿を見て憧れた、家が近くだからではなく近隣の土地勘があって、御社の役に立てると言い換えてみてはどうでしょうか。

さらに面接を受ける時には誠実さが伝わるようなハキハキとした言い方を心掛け、服装も派手過ぎたりラフ過ぎたりしてもいけません。

未経験者でもヤマト運輸で働けるのか

ヤマト運輸に応募する時に気になるのが未経験でも大丈夫なのか?という点です。ここでは未経験者についてや前職についてのアピールの方法をご紹介いたします。

未経験者の募集も多い

どんな仕事でも最初から経験豊かな方はいません。ヤマト運輸のドライバーでも同じです。ヤマト運輸では中途採用求人があります。

未経験者の募集もありますが心配はありません。なぜならばヤマト運輸では研修があるからです。

最初の1か月~3か月くらいの間は先輩ドライバーと一緒に行動して、運転技術を身につけたりお客様への対応の方法を教わったり、金銭の授受などの作業や荷物の積み込みについても教わる事ができます。

なので未経験であっても数か月後には経験者としてお仕事ができるようになります。

前職で得たことをアピール

面接の際にアピールしたいのは前職で学んだ事や経験についてです。例えば営業をしていたという方であれば、お客様と接する仕事をしていたので接客には慣れています。

ヤマト運輸ではセールスも含まれているので有利になるでしょう。とか運転手として仕事をしていたという方の場合は、運転には自信があるという点を上手にアピールできると良いですね。

採用する側にどんなメリットがあるかを想像させる事ができれば良いのです。

まとめ

今回はヤマト運輸のセールスドライバーの面接を受ける時に、いかにして自己PRをすれば良いのかについてをご紹介いたしました。

この記事がヤマト運輸に就職や転職を希望している方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報