フォークリフト資格取得は難しい?資格取得の難易度を紹介!

   

フォークリフトはさまざまな場所で活躍する車両なだけに運転資格を取得していると転職が大きく有利になります。

ではこの資格を取得するのは難しいのでしょうか。ここではフォークリフトの資格を取得する方法や、その内容について紹介していきたいと思います。

フォークリフトの運転に関する免許と資格について

1t以上はフォークリフト運転技能講習

  • 積載荷重1t以上の場合、「事業者は、技能講習修了者など有資格者でなければ業務に就かせてはならない」(同第61条第1項)

という法令がある通り、フォークリフト運転技能講習を受けて修了する必要があります。その際には免許ではなく、「修了証」が授与されますので、フォークリフトを運転する際にはその修了証を携帯する必要があります。

1t未満はフォークリフト特別教育

  • 積載荷重1t未満の場合、「事業者は、特別教育を行わなければならない」(安衛法第59条第3項)

という法令に従って、小型フォークリフトを運転する際にはフォークリフト特別教育を受けて修了する必要があります。こちらもフォークリフトを運転する際には修了証の携帯が必要となります。

公道を走行するなら総重量に応じた運転免許が必要

倉庫内や工場内などの敷地内でフォークリフトを運転する際にはフォークリフトの運転資格を取得していなければならないのですが、公道でフォークリフトの運転を行う際には、車両の大きさに応じた運転免許も必要となります。

そしてフォークリフトにもナンバープレートを付けるということが必要となります。あくまでも公道を走行する場合は「車両」として扱われるということを覚えておきましょう。

フォークリフト運転技能講習は難しいの?

フォークリフトの運転資格を取得する場合には特に受験資格などはありません。18歳以上であれば講習を受講することができます。

そして難易度に関してですが、実際に技能講習を受講した人の95%が合格をしていると言われており、難易度といった点に関しては「非常に低い」と言えるでしょう。

技能講習をしっかりと受けて、まじめに取り組めばそれほど苦労せずに運転資格を取得することが可能となっています。

難易度自体はそれほど高くはないフォークリフトの運転資格ですが、取得していると就職や転職に大きく有利になるだけでなく、賃金にも影響してきます。

「資格手当」が発生することもありますし、さらに運転経験がある場合は、技術や経験を評価されてその分だけ賃金が高くなるということもあります。

フォークリフト資格の試験内容は?

フォークリフト運転技能講習

学科

こちらの講習では学科講習を11時間受ける必要があります。ただし、自動車免許を取得している人はそのうちの4時間は免除されるというルールがあります。

このように講習では所持している免許や資格によって免除されることもありますので、事前に確認しておきましょう。

実技

実技講習では24時間の受講が必要となります。ここではフォークリフトの安全な動かし方を学び、正しい順序で操作できるように指導が行われます。

速く作業をするよりも、安全で確実に行うということが重視されています。

フォークリフト特別教育

学科

小型フォークリフトの運転資格を取得するためには学科講習を6時間受ける必要があります。

基礎知識が重視されますので、それほど難しいわけではありません。

実技

実技講習も6時間受ける必要があります。

小型のフォークリフトは大型のものよりも運転がしやすく、それほど苦労はしません。操作性がそれほど悪くなく、外輪半径も大きくならないため、落ち着いて操作していきましょう。

これらの学科と実技の両方で講習が終了すると試験が行われることになります。講習をしっかりと受けていればそれほど難しいものではありませんので、確実に合格するようにしましょう。

学科と実技の両方の試験に合格すると「修了証」が授与されることになります。

フォークリフトの運転が難しく感じたら?

フォークリフトの運転は初めて操作する人が行えばうまくいかないのが当たり前です。この技能講習や特別教育を受けにくる人はほとんどが初心者ですから、「できない」ということは何も恥じることはありません。

資格取得の際に試験官が注目するのは「まじめに講習を受けているかどうか」「安全で確実な操作を行っているかどうか」ということです。

もし、速く操作することができていても、安全面を無視したような操作であればそれは認められません。もちろん講習中に寝ていたり、スマホをいじっていたりしても受講したと認められません。

とにかくまじめに受講して、安全に配慮しながら教えられた操作を一つずつ確実に行っていけば、それは試験官に評価されることになります。

「合格率95%」あるということを心にとめておき、焦ることなく落ち着いて操作をするようにしましょう。それでも難しいと感じた場合は、もう一度基本に立ち戻って、一つずつ操作を行うようにしましょう。

まとめ

フォークリフトは操作したことがない人からすれば「難しい」と思われるかもしれませんが、落ち着いて確実に操作をしていけばそれほど難しいものではありません。

むしろ慣れてきて手間を省いて操作をするようになってくると危険性が高くなってくるものです。

資格取得もそれほど難しいものではなく、あくまでも安全で確実に操作することを心掛けていれば取得できるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報