【全まとめ】トラック運転手の免許|種類・費用など

   

トラック運転手への転職を考えている方にとって、普通免許のみでも転職は可能なのか、入社前に免許を取る必要があるのか気になるところだと思います。
そこで今回は、トラック運転手の仕事の種類と必要な免許、あると便利な免許についてご紹介したいと思います。

トラック運転手になるために必要な基本的な免許とは?

運転免許証
運転免許には様々な種類が存在しますが、その主な違いは車両の総重量で免許の種類が湧けられているのです。

中型自動運転免許

中型自動車免許の取得条件は、20歳以上かつ普通免許取得後2年以上の運転経験が必須となっています。
また、車両総重量が5t以上11t未満のトラックを運転することが可能です。

普通自動車免許を取得している場合は問題ありませんが、持っていない方はまずは普通免許を取得して運転経験を積みましょう。

一般的によく見られる4tトラックを運転する場合には中型免許が必要なので注意しましょう。中型免許の取得費用は18万~25万円程度で10日~14日程で取得できます。

大型自動運転免許

大型免許の取得条件は、21歳以上かつ、普通免許取得後3年以上の運転経験を得た後に取得することが可能です。
大型免許を所持していると総重量11t以上のトラックを運転することが出来ます。

11tの大型トラックとは、主に長距離を走るトラックなどが該当します。こちらも大型免許を取得できる自動車学校に通い取得する必要があります。費用は26万~40万円程度かかり、こちらも10~14日程度で取得することが可能です。

けん引免許

けん引免許とは荷物をトラックの中に積み込むのではなく、けん引する場合に必要な免許です。
主なものでは、タンクローリーや海上コンテナなどが該当します。この免許単体で使えるのではなく多くの場合は、総重量の関係で大型車と組み合わせて使用します。

こちらは他の免許と組み合わせることもあり、取得も比較的短い時間で取れます。適性試験と12時間の技能講習を修了すると取得できます。また費用も10万~15万円ほどです。

普通免許

普通免許は18以上であれば取得可能で、車両の総重量が5tまでのトラックを運転することが出来ます。
。しかし、4tトラックは運転することはできません。普通免許で運転可能なのは2tトラックまでなのです。

2tトラックは主に宅配便などで使用されているトラックです。
これは荷物を載せた際の総重量が4t車の場合は5t以上になることがあるため普通免許では運転が出来ないのです。

普通免許は自動車学校に通う事で取得することができます。取得費用は約30万円程度です。

持っていると仕事の幅が広がる免許|トラック運転手

フォークリフト

トラック運転手の主な仕事は運転ですが、その他にも商品の積み込み・荷卸し作業を手伝うことも多いのです。この時にあると便利なのがフォークリフトの資格。

荷卸しは専門の人がやることも多いですが、けがなどでトラックが運転できなくなった場合にもフォークリフトの免許がある場合は荷卸しの仕事もすることが可能になるため、取っておいて損はない免許です。

大型免許

トラックを運転するには普通免許もしくは中型免許が必要です。しかし、長距離運転をする場合や11t以上の大型トラックを運転するためには大型免許が必要になります。

大型免許を取得していると全てのトラックを運転出来るようになり独立も視野に入れることも出来るようになります。

クレーン・玉かけなど

工事現場に出入りする時にあると便利な免許はクレーン・玉かけ資格を所持していると非常に重宝されます。

これはユニックと呼ばれているクレーン式のトラックを運転できるようになるため、運搬できる荷物の幅が広がることから、クレーン・玉かけ免許は工事現場では非常に重宝されるためです。

これからトラック運転手を目指そうと考える方はこれらの免許の取得することをお勧めします。

大型免許は入社してから取得できるところも

大型免許を取得していると全てのトラックが運転できるようになるため、転職する前に取得していると非常に重宝されますが、普通免許があればトラックは運転できます。

まずは普通免許でトラックを運転しつつ、入社後に中型や大型免許を取得し仕事の幅を広げると言う選択もあります。入社時には未経験の場合でも入社後に会社負担で免許を取得することで中型・大型のトラック運転手へとステップアップすることも可能です。

実際に普通免許のみでの求人の具体例を紹介致します。

<仕事内容>
関東で大手食品メーカーの配送など

<応募資格>
ドライバー未経験歓迎!中型・大型免許は入社後に会社費用負担で取得可能
■普通自動車免許をお持ちの方(AT限定不可)
⇒平成19年6月1日までに取得の方は、中型自動車(3t・4t車)を運転することができます。
⇒平成19年6月1日以降に取得の方は、会社費用負担で中型自動車免許を取得していただきます。

<雇用形態>
正社員

<月給>
30万円~

<勤務時間>
シフト制 1:30~24:00の間で実働8時間

まとめ|トラック運転手は普通免許だけでも転職可能!

ここまで、トラック運転手に必要な免許の種類・乗れるトラックの種類をご紹介してきました。
入社前に大型免許を取得することもできますが、普通免許から大型トラックの運転手を目指すことも可能です。

トラック運転手は現在物流の増加に伴う空前の人手不足なため、トラック運転手の募集は常にかかっている状況です。
しかし、同時に運転の技術が重視される業界・職業でもあるため経験値が大切です。

普通免許でも転職可能なため、早目の決断でより多くの経験を積むと早く大型へキャリアアップも実現できるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報