大型免許・大型特殊免許で乗れる車とは?免許の取得方法と費用を節約する方法

   

車の免許にはその車両の大きさや特殊性によってさまざまな種類があります。

ドライバーとして勤務をするのであれば多くの免許を持っているとそれだけ就職や転職、給与などに有利になります。

そこでここでは大型免許、大型特殊免許の取得方法や取得費用を安くする方法について紹介していきたいと思います。

大型免許と大型特殊免許の違い

大型免許で乗れる車

大型免許では「車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上または乗車定員30人以上」という条件に当てはまる大型自動車を運転することができます。

一般的に言われる10tトラックや大型ダンプなどがこれに当たります。

大型特殊免許で乗れる車

こちらは名前の通りに「大型の特殊車両」を運転するために必要になる免許です。工事現場などで使用される「重機」と呼ばれるような車両はこれに当たります。

クレーン車、ブルドーザー、ショベルカー、ラフタークレーンなどです。ただしクレーンの操作をするときにはクレーン運転士などの資格が別に必要となります。

また、道路清掃車や除雪車、農業用のコンバイン、トラクターなども特殊車両の分類に入ります。これらの中で小型車両に含まれないものが大型特殊車両ということになります。

大型免許の取得方法と費用

大型免許の取得条件

大型免許を取得する条件としては、

  • 満21歳以上であること
  • 普通免許以上の免許を取得してから3年以上経っていること

というものがあります。

また、身体的な条件としては、

  • 視力が両眼で0.8以上、片眼0.5以上(矯正視力でも可)
  • 深視力検査で誤差が3回平均で2cm以下であること

というものがあります。

大型免許の取得方法

一般的には教習所に通ってその後、試験を受けることになります。教習所は通う場合と合宿を利用する場合があります。

教習所に通わずに一発試験のみを受けるということも可能ですが、準備や手続きが大変なことと、運転技術がかなり高度なものが求められるために教習所に通う方が無難でしょう。

大型免許取得の費用と期間

大型免許の取得費用や期間は条件によって変わってきます。取得しようとしている時点で持っている他の免許によるからです。

普通免許でAT限定の場合は40万前後、MTであれば35万前後、準中型で30万前後、中型免許であれば20万前後となっています。

また、取得期間も変わってきますが一般的には2~3週間程度となっています。また、合宿を利用する場合は期間が短くなります。

中型以上の免許を所持している場合は学科免除となるために期間も大きく短縮されます。

大型特殊免許の取得方法と費用

大型特殊免許の取得条件

大型特殊免許は18歳以上であれば普通免許などの他の免許を取得している必要はありません。

そのため免許が取得できる年齢になればいきなり取得することも可能です。身体的な条件としては、

  • 視力が両眼で0.7以上、片眼で0.3以上
  • 片眼が見えない場合でももう一方の視野が左右150度以上あり、視力が0.7以上あれば取得可能
  • 深視力検査などはない

となっています。

大型特殊免許の取得方法

大型免許の場合は教習所に通うのが一般的で、一発試験ではほとんど合格できないという現状がありますが、大型特殊の場合も普通免許を所持していなければほとんど同じです。

教習所に通って段階を踏むことになります。ただし普通免許を持っている場合は一発試験に挑む人も多くいます。

合格率も30%ほどとそれなりにありますので、よほど自信がある場合は一発試験に挑むというのも良いかもしれません。

大型特殊免許の費用と期間

普通免許を持っている場合は学科免除となるので8~12万円ほどの費用となり、持っていない場合は18~21万円ほどとなります。

普通免許を持っていれば技能講習は6時間のみで最短4日で修了します。普通免許を持っていない場合は学科が22時間と技能講習12時間となります。

二輪免許を持っていれば技能講習は10時間となります。ちなみに教習所に通わずに一発試験を受ける場合は受験費用6100円ほどのみとなります。

大型免許・大型特殊免許取得の費用を安くする方法

大型免許・大型特殊免許をセットで取得

大型免許と大型特殊免許を同時に取得するという場合は合宿がおすすめです。

大型と特殊、大型と特殊と牽引などさまざまなセット教習を行っている教習所があり、合宿で取得することで費用を大幅に抑えて、期間も短縮することが可能となる場合があります。

教育訓練給付制度を利用する

ハローワークで行われている教育訓練給付金制度を利用すれば最大10万円まで給付されます。手続きは必要にはなりますが比較的簡単に認められる制度ですのでぜひ利用しましょう。

まとめ

トラックドライバーとして仕事をしていく上で大型免許や大型特殊免許を所持することは非常に大きな意味があります。

仕事の幅が広がるだけでなく、給与面にもかなりの違いが出てくるからです。ぜひ積極的に取得を目指していきましょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - 転職お役立ち情報

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す