医療用ガス配達の仕事はきつい・辛い?仕事内容や大変なポイントを解説

   

医療用のガスのようなボンベを運ぶような配送はきついというイメージがあるかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか。

実際にはあまり知られていないということもあって何をするのかもわからないことがあるかもしれません。そこでここでは医療用ガスの配達について紹介していきたいと思います。

医療には欠かせないガスの配達業務

医療機関や在宅医療を行っているところに医療用ガスを配達する仕事です。

医療用ガスといってもその用途によって酸素、窒素、二酸化炭素、炭酸ガスなどさまざまな種類があります。それらを必要に応じて配達していくのが配達業務となります。

これらは手術の際の麻酔や酸素療法、冷却用、低温治療、人工呼吸など色々な使われ方をしていきます。

こういった医療用ガスがなければ医療行為自体が行えないというほど重要なものです。これらを確実に配達するという仕事を行うのです。

医療用ガス配達ドライバーの仕事内容について

基本はルート配送

医療用ガスの配達の場合は新規開拓先や長距離の勤務になることはほとんどなく、近距離の決まった配送先に順番に医療用ガスの配達を行っていくルート配送の仕事となります。

医療用ガスのメーカーや製造工場、倉庫などから病院、介護施設などに配送を行っていくことになります。

同じ配送先、同じルートでほぼ同じようなものを運ぶため、ルーチンワークが好きだという人に向いていると言えます。

ガスボンベの交換作業

病院や介護施設までガスボンベを運んだら、そのガスボンベを交換することになります。

特に配線や配管を操作するわけではなく、空になったガスボンベを回収して、持ってきたガスボンベを置いてきます。

特に資格や免許が必要になることはありませんので、問題なく交換は可能です。

医療用ガス配達ドライバーのここがきつい!

ガスボンベが重い!

こういったガスボンベにはいくつかの種類があって、大きさや重さが違う場合があるのですが、重いものになると70kgを超えるようなものもあります。

また、平たい部分であれば台車でまとめて運ぶこともできますが、運び先によっては担がなければならない場合もあります。

かなり重いガスボンベを何度も運んで往復しなければならないこともありますので、体力的にはきつい部分もあります。

ミスは許されない!

どのような配送でもそうですが、誤配や遅延は基本的に許されるものではありません。ただ、医療用ガスの配達に関しては誤配や遅延は大問題となります。

医療用の荷物を配送しているため、もし遅れれば手術などの予定に変更が必要になる可能性があります。患者の命にかかわるかもしれないものを運んでいるという責任感が必要となります。

また、配送中に関しても運んでいるものがガスであるために事故などを起こした時には大事故に発展する可能性があります。

そういったことを合わせて考えるとミスが許されない仕事だと言えるかもしれません。

医療用ガス配達ドライバーの良いところは?

基本一人仕事

ドライバーの仕事では全般に言えることですが、基本的に運転中は一人なため、あまり人に接する必要がありません。

誰かに仕事を常に監視されているわけではなく、色々な人と会話をして仕事をするという必要もありません。

運転中は好きな音楽などを聴きながら運転することもできますし、配送先でも決まった場所でガスボンベの交換を行えばよいことが多く、それほど人と話す必要はありません。

そのため「一人で仕事をしたい」という人にはおすすめできる仕事と言えます。

自分のペースで集配可能

基本的に医療用ガスの配達はルート配送になります。決まった場所に決まったルートで行くために、それほど急ぎの仕事になるということはあまりなく、自分のペースで集配することが可能となっています。

もちろん時間に遅れるといったことはいけませんが、時間に急かされて仕事をしなければいけないということはほぼありません。

落ち着いて自分のペースで仕事ができるというのもメリットだと言えるでしょう。

繁忙期がない!

医療用ガスの配達によく似た仕事としてプロパンガスのガスボンベの配送などがありますが、ああいった仕事は時期によって急激に忙しくなる繁忙期があります。

その時期は労働時間が長くなったり、体力的にもきついということが多いのですが、医療用ガスの配達には、そういった繁忙期というものがありません。

決まった場所に予定されている本数を配送するという仕事ですので、時期によってその量が急激に増えるということはないのです。

仕事量が時期によって変わるのは避けたいという人にとってもおすすめです。

医療用ガス配達ドライバーの収入について

医療用ガス配達ドライバーの年収は平均で350~450万円程度です。ドライバーの仕事としては平均的だと言えるでしょう。

やはり「近距離」「エリア」「ルート配送」といった条件になることが多いため、それほど高い収入になるということは少なくなっています。

もちろん会社や働いている地域によっても給与の条件は変わりますので、事前に条件を調べていくことが重要となるのですが、

本数を多く運べば給与に反映されるという条件の場合は一部が歩合で計算されるということもあります。

ただどうしても「大型トラック」「長距離」といったドライバーの年収には及ばないことがほとんどです。

もし年収600万円以上などを目指していく場合は医療用ガス配達ドライバーの年収では物足りないと感じることがあるかもしれません。

医療用ガス配達ドライバーには特別な免許や資格が必要?

医療用ガスのボンベ自体の接続などを行うわけではありませんので、特別な資格や免許は必要ではありません。

注意しなければならないのは配送に使うトラックだけです。そのトラックに対応している免許を持っているかどうかということになります。

あまり医療用ガスの配達で大型トラックを使うということはありません。大きくても中型くらいまでとなります。

そのため中型免許程度を持っていれば問題はありません。こういったトラックはミッションのものが多いためミッションの免許を所有しておくようにしましょう。

普通免許をかなり以前に取得した場合は8tまで運転が許可されていることがありますが、最近普通免許を取得した場合は別に準中型免許や中型免許を取得しなければならない可能性があります。

まとめ

医療用ガスの配達の仕事はこれからなくなっていくという可能性が低く、将来性、安定性が高い人気の仕事です。勤務時間もある程度規則的ですし、残業もほとんどありません。

長距離になることもあまりなく、ルート配送になるため、そういった仕事を探しているという人にはまさにうってつけの仕事だと言えるでしょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - 転職お役立ち情報

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す