クリーニング配送業務はきつい?配送業務の大変なところを解説!

   

クリーニングの配送業務と聞くと、大量の衣服を運ぶためにしんどい、きついというイメージがあるかもしれません。

では実際にはクリーニング配送業務はどのような仕事なのでしょうか。そこでここではクリーニング配送業務について紹介していきたいと思います。

そもそもクリーニングに配送業務があるのはなぜ?

クリーニング店に持ち込まれた衣服はほとんどが工場などでクリーニングされることになります。

その際、大量の衣服をクリーニング店の店員が工場まで持ち込むのは大変な労力となります。

そこで系列のクリーニング店などを順番に回って衣服を回収し、工場に運ぶというクリーニング配送業務が必要となるのです。

クリーニング配送ドライバーの仕事について

仕事内容は?

基本的な仕事は系列のクリーニング店を順番に回って、預けられたクリーニング待ちの衣服を回収していくという仕事と、

クリーニングが完了した衣服を預けられた店舗に運ぶ仕事という2つの仕事がメインとなります。

店舗や工場の場所が決まっているため、ほぼ同じルートを同じような時間帯に回っていくため部類で言えば「ルート配送」に近いものだと言えます。

例外として、クリーニングされた衣服を直接お客さんのもとまで配送するということもありますが、衣服が大量であったり、特別な指定があったりというような条件付きでのことになります。

勤務時間は?

仕事の内容上、クリーニング店と工場の稼働時間に影響されることになります。そのため、早朝や深夜帯などに勤務をすることはありません。

朝から夕方までが基本の勤務時間となるでしょう。ただし、春や秋などの季節の変わり目はクリーニングに出される衣服の量が多くなるため繁忙期となります。

こういった時期には回収に回る回数が増えたり、残業をしなければならないこともあります。

また、「卒業式」「入学式」「結婚シーズン」など特定の時にしか着ないような服を着る機会が多いときには、それらの衣服が店に出されることも多いため多忙な時期となる場合があります。

クリーニングの配送業務がきついと言われる理由について

給与水準が低め

クリーニングの配送業務の仕事はドライバーの仕事の中でも「エリア配送」に分類されます。

これは勤務時間がある程度規則的というメリットはあるものの、長距離ドライバーなどと比べると給与水準は低く設定されています。

仕事量の割には給与が低いと感じることがあるかもしれません。

実は体力勝負!

まず決められたエリア内を運転して回るという作業を行うことになります。

これ自体はそれほど体力的にはしんどくはないかもしれません。ただ、クリーニング店に着くと、衣服を車に積み込んでいくことになります。

これは機械やフォークリフトで行うようなことはなく、手作業での積み込みとなります。また、1件で時間をとられているわけにはいきませんので、速く積み込む必要もあります。

そうして何件も回って工場に運ぶと今度はそれらを降ろしていく作業をしなければいけません。その逆も当然あります。

クリーニングされた衣服を車に積み込んで各店舗に運んでいき、降ろしていく必要があります。これを一日中行うわけですから、実はかなりの体力が必要になる仕事でもあるのです。

連休が取りにくい

クリーニング配送の仕事はクリーニング店と工場の稼働によって勤務の体制も決まってきます。

系列のクリーニング店がまとめて連休をとったりしない限りは配送業務も連休をとるということはできないことになるのです。

毎回同じルートを通るエリア配送の場合は受け持つエリアが決まっていることが多いために、自分の都合で連休をとるというわけにはいかないというデメリットもあります。

同じ作業の繰り返し

上記でも言いましたが、クリーニング配送の仕事はとにかく同じ作業の繰り返しです。

決まったルートを通って、決まった店に行き、同じように衣服の積み降ろしを行うという繰り返しになります。

新鮮さを求めるようなことはできないと思っておいた方が良いでしょう。同じ仕事をとにかく続ける愚直さが求められる仕事だと言えます。

ルーチンワークが苦手だという人にはあまり向いていないかもしれません。

クリーニングの配送業務はきついことばかりではない!

人との接点が少ない

ドライバー特有のメリットですが、「あまり人と接しない」ということがあります。

もちろん、クリーニング店や工場では人と接することがあるかもしれませんが、それも長時間ではありません。

それよりも仕事の大部分をしめる「運転中」は常に一人になるため、一人で落ち着いて仕事をしたい、人とはあまり接点を持ちたくないという人にとってはメリットの大きい仕事となります。

定時勤務が多い!

クリーニング配送の仕事はクリーニング店と工場の稼働時間によって勤務の時間が決まっていきます。クリーニング店や工場が閉まっている時間には勤務をするということがないのです。

そのため、勤務時間は固定になることが多く、深夜や早朝などの不規則な時間に仕事をするということがありません。

また、季節の変わり目や行事が多い繁忙期を除いては残業が発生することもほとんどありません。この高い安定性はクリーニング配送の仕事の強みだと言えます。

長距離運転がない

クリーニング配送の仕事は決められたエリア内を回る仕事となります。そのため、近距離でのエリア配送となるため、長距離運転になるということはほぼありません。

長距離ドライバーになると勤務時間が不規則になったり、日をまたいでの仕事となるために数日は家に戻れないということがあります。

そういった長距離ドライバーのようなデメリットがなく、近距離での仕事となるのもメリットだと言えるでしょう。

車中泊もなし

ドライバー特有のものとして、長時間の運転からくる肩や腰の痛みといったものがあります。

同じ姿勢でいることからくるもので、血行も悪くなり、体への負担が大きくなっていきます。長距離ドライバーの場合はさらに「車中泊」をしなければならないこともあります。

運転席や、運転席の上部にあるスペースなどで仮眠をとるというものです。

近年はかなりそういったスペースの快適性は向上してきていますが、それでも部屋の布団で寝るのとは大きく違うというのが現状です。

こうした疲労が蓄積しやすい車中泊がないというのもクリーニング配送の仕事のメリットだと言えます。

まとめ

クリーニング配送の仕事は衣服の積み降ろしなどで体力を使うということはありますが、安定した勤務時間、近距離でのエリア配送、あまり人と接する必要がないなどメリットも多い仕事です。

同じ仕事を苦とせずに続けることができるという人にぜひおすすめの仕事だと言えるでしょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - 転職お役立ち情報

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す