運送業の給与計算のやり方とは?手当などの計算方法について解説!

   

トラック運転手など、運送業の仕事に興味があるなら、やっぱり給料の面が気になりますよね。

また、現在運送業の仕事をしていて自分のお給料に不満がある人や、もっとあげたいという方もいるでしょう。

「自分の給料は平均よりも高いのか?低いのか?」

「運送業に転職したいけど、給料面で不安がある」

「給与計算をして自分がきちんと給料を貰えているのか確かめたい」

そんな疑問を持つ人は少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、皆さんが持っている疑問を解決するために、今回は運送業に勤めている人々の給料について徹底的に解説します。

運送業の給料は350~400万円!

それでは早速ですが、ドライバーの平均年収を見ていきましょう。

運送業の年収は業種で異なり、一番年収が高いのは物流会社のようです。

業種 年収
運送会社 370万〜390万円
物流会社 380万〜400万円
宅配会社 360万円~380万円
引っ越し会社 370~380万円

※運送会社と物流会社の違いに付いて

運送会社……トラックによる運送のみを行う会社(中小企業も多い)

物流会社……運送のみでなく、保管や包装など、運送会社にプラスして手広く行う会社(ト大企業)

業種や地域、年齢によって差はあれど、ドライバーの年収はだいたい350~400万円ということになります。

国税庁の、民間給与実態統計によると平成28年度におけるサラリーマンの平均年収は521万円(男性)です。

ドライバーの給料は350~400万円だとすると、国民の平均からだいぶ下回っていることがわかります。

また、運転できる車の大きさよって年収が変わるので、その差も見てみましょう。

大型トラック 440万〜760万円
中型トラック 440万~550万円

やはり大型トラックと中型トラックでは年収にかなりの差がありますね。

しかし、車の大きさに関わらず、長距離ドライバーの場合は390万〜750万円とかなり高くなっています。

会社によって差はあれど、一般的には大型トラックを運転し、加えて長距離であればかなり年収が高い位置にあることになりますね。

運送業の給与計算方法

運送業の平均年収が分かったところで、一般的な運送業における給与計算はどのような方法で行なっているのでしょうか?

ここでは、運送業における給与計算の方法についてご紹介します。

歩合給制

運送業における給与計算の方法の1つが歩合給制です。

歩合給は、出来高払い制とも言われることがあります。

どちらの名前も聞いたことがある人がほとんどだと思いますが、改めて、歩合給制(出来高制)について整理していきましょう。

「やればやるだけ稼げる」歩合給。

運送業における歩合給は、基本給、割増手当、運行手当などで構成されます。

割増手当、運行手当と呼ばれるものが運送業における歩合給制の特徴です。

走れば走るほど給料が増えるので、サボり癖があったり、休みがちな人は非常に不向きです。

ドライバーで、歩合給制が向いているのは、圧倒的に「長距離ドライバー」です。

先ほど述べましたが、大型トラックでの長距離ドライバーが最も年収が高いです。

これは、長距離ドライバーはほとんど歩合給制を採っているがゆえに、結果的に給料が高くなるということなのですね。

みなし残業代制

みなし残業代制という仕組みを聞いたことがありますか?

みなし残業とは、残業代があらかじめ固定給に含まれている労働契約のことを言います。

例えば、月収30万円(50時間分の固定残業代5万円を含む)と規定されている場合、25万円は基本給、5万円は残業代分ということです。

しかし、みなし残業代を採用している会社は多くの場合、違法だという報道もあります。トラックドライバーなど、運送業はとりわけ残業代の不払いが非常に多く、規定した残業時間以上の残業をしても、固定の残業代しか貰えていない人が多いようです。

みなし残業代を採用している会社で働く場合は注意した方が良いでしょう。

固定給

大手運送会社や物流会社が採用していることが多い固定給制度。

固定給は名前の通り、月に貰える給料が決まっているものです。

言うまでもないですが、「固定給で月28万円」だとしたら、月に貰えるお金が、月28万円と固定されているということです。

固定給の変動があるとすると、勤続年数に合わせてベースが上がる例があります。勤続年数が多ければ多いほど固定給が多いです。

歩合給は、何も保証がない一方で、固定給は必ず貰える給料が決まっていることに加え、ボーナス制度があるなど、トータルでの年収が高くなる傾向にあります。

しかし、歩合給はやりがいを感じやすいため、そういった面ではどちらかが一概に良いとは言えません。

なので、自分の適正を考えた上で固定給or歩合給を選ぶとよいでしょう。

今の給料に不満!給料をアップさせるには?

給与計算をしてみて、「やっぱり自分の給料が明らかに少ない!」と思った方もいると思います。しかし、転職するのは腰が重い……そんな風に思うのも当然ですよね。

では、今の会社を変えないで給料をあげることはできるのでしょうか?

もちろん、必ず給料が上がるとは一概に言えませんので、給料アップの相談をした方がよいでしょう。

給料をアップさせる方法

運送会社や物流会社で働いている人が給料をアップするには、大型免許を取得するのが最も手っ取り早いです。

現在、ドライバー業界は非常に人手不足であり、大型免許を持っているだけで重宝される存在になるのです。

免許の取得には普通車免許を取得するのと同じで、30万円ほどかかってしまいますが、生涯賃金を考えると、大型を持っているだけで数千万変わることになるのです。

大型免許を持っていない方は、早めに取得した方がよいでしょう。

大型免許の他に牽引免許を取ろう

先ほど、大型免許を取得することで給料アップを狙えると述べました

さらに給料アップに繋がるものは、牽引免許です。

牽引免許を持っていることで、仕事の幅も広がりますし、給料アップにも繋がります。

ここでは、牽引免許について説明します。

牽引免許とは、車両後部に総重量750kgを超える車を繋いで、それを引きながら運転する場合に必要な免許です。

交通事故などに遭っ他場合、大破してしまった車を引いて移動させる車のようなイメージです。

牽引免許を取得するには、技能試験一発だと7000円で済みますが教習所に通う場合は約15万円かかります。

長い目で見て、牽引免許を取得することは大きなメリットがあるため、考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、運送業における給与及び給与計算についてまとめました。

業種 年収
運送会社 370万〜390万円
物流会社 380万〜400万円
宅配会社 360万円~380万円
引っ越し会社 370~380万円

皆さんも、この機会に自分の給料と向き合ってみてください。

仕事に給与が見合っていない……そんな人は転職を考えてみてはいかがでしょうか?

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識