傭車とは?運送業界における傭車の必要性とメリット・デメリットについて

   

運送業界において重要な存在である傭車ですが、あまり聞きなれない言葉ですよね。業界に従事していないと聞く言葉ではないので、そもそもの意味自体も分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、傭車とは何なのか、どのような存在なのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

傭車って何のこと?

一般的にはほとんど聞くことがない傭車は「傭兵」に「車」を合わせてつくられた言葉です。

その名前の通り、業務が集中したり繁忙期に入って急激に忙しくなったために自社の車両が足りなくなった際に他の運送業者などからトラックやドライバーを借りて仕事を手伝ってもらうことです。

常に大量にトラックやドライバーを抱えていると固定費が多くかかることになります。それを避けるために忙しい時期だけ一時的に手伝ってもらうというのが概要です。

傭車の必要性

繫忙期

忙しくなる時期に合わせてドライバーやトラックを用意していると繁忙期以外の時期はドライバーは仕事がなく、トラックは空車のままという事態になってしまいます。

ドライバーには人件費がかかりますし、トラックには整備代や車両税がかかってきます。

そのため無駄な固定費を削減するために普段はギリギリの人員と車両で業務をしていて、忙しい時期だけ傭車を使うというのがコストダウンにつながるのです。

突発的なチャーター便

通常業務でトラックとドライバーが出払っているときに急に重要な仕事が入った時などは簡単に断るということもできないために傭車が必要になるということもあります。

急な仕事に対応してくれるというのも傭車の大きなメリットなのです。

自社対応不可の場合

運送会社はそれぞれに個性を出して強みを持っている会社もあります。冷凍冷蔵車を持っている、大型車を持っている、ウイング車を多く持っているなどさまざまです。

仕事の依頼があったものの自社のトラックでは対応できない仕事であった場合などは一般的には断るか、傭車を依頼するかということになります。

その依頼内容に対応できる傭車を利用することで仕事を行うのです。運送会社によっては連携して仕事を依頼しあうことで効率を上げているところもあります。

傭車の利用は荷主側にとってメリットが大きい!

固定費がかからない

やはり一番大きなメリットは固定費を削減できるということです。普段はできるだけ固定費がかからないようにしておいて必要な時に必要な分だけ傭車を利用することで効率よく業務を行うことができます。

ドライバー不足に対応出来る

現在運送業界は深刻なドライバー不足に悩んでいます。中にはトラックは空車であるもののドライバーがいないので業務ができないということもあります。

こういった時に傭車はトラックとドライバーをセットで借り受けるためにすぐに動けないということはありません。ドライバーが不足がちな会社にとっては大きな武器になると言えます。

新規顧客の獲得

運送会社にはそれぞれ顧客がいますが、傭車を利用する際にはその借り受けた会社やドライバーから新たな荷主とのつながりなどが生まれることがあります。

これは新しい顧客獲得につながることもある貴重な人脈となるのです。特にドライバーは会社、荷主、倉庫などの現場につながりがあることが多く、人脈作りには最適です。

傭車側にはデメリットも…

仕事量が安定しない

傭車は利用する側には大きなメリットがあるものですが傭車として使用される側にはデメリットもあります。

例えば依頼してくる会社は自分の会社で溢れた仕事、請け負えない仕事を依頼してきますので、常に安定してある仕事というわけではありません。

そのため仕事量や収入が安定するというわけではなく、あくまでも一時的なものになる場合もあります。

運賃が少なくなる

仕事の流通は間に会社が多く挟まるほど値段は高くなっていきますし、下請けになるほど利益は薄くなっていきます。

傭車として雇われる側は荷主が運送会社に依頼した仕事の下請けとなるために直接依頼された仕事よりも儲けは少なくなります。そのため傭車だけを行っていても大きな利益を得ることはできません。

急な輸送に対応することが求められる

予定通りの仕事、楽にこなせる仕事であれば当然ですが運送会社は自社のトラックでまかないます。急な仕事、大量に発生して溢れた仕事などが傭車に依頼されることが多くあります。

そのため急ぎの仕事やきつい仕事が回されることが多く、対応力が求められます。

傭車がいないと成り立たない運送業界

それぞれにメリットとデメリットがある傭車ですが、実際には傭車がいないと運送業界は成り立たないと言われています。

ネット販売などが増加したことで運送業界の仕事量は劇的に増えているものの、ドライバー自体は高齢化が進み、数は減少傾向にあります。

そのため必要な時に利用することができる傭車は非常に重宝されているのです。利益率などの問題はあるものの傭車がなければ運送業界は成り立たないと言っても良いでしょう。

まとめ

傭車は今の運送業界にとって必要不可欠なものとなっています。仕事を効率よくさばくことに加えてそれぞれのドライバーなどから人脈の広がりも期待できるというメリットがあるからです。

正しく傭車を利用することで仕事の効率化を図っていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識