運送会社年収ランキングトップ10はどの企業?売上高ランキングと合わせて紹介!

   

どの業界でも大手の方が年収が高いイメージがありますよね。年収は就職や転職を考える際の重要なポイントになることは間違いありません。

そこで今回は、大手運送会社の年収をランキング形式で、ご紹介していきたいと思います。

運送業界全体の平均給料と平均年収

大型トラックドライバー

色々な種類のトラックドライバーのなかでも給与の水準が高くなっているのがこの大型トラックのドライバーです。

誰でも未経験で運転できるというわけではなく、運転するのに大型免許、大型特殊免許、けん引免許、危険物取扱資格などが必要になることが多くなっていることが関係しています。

大型トラックの中でも長距離ドライバーなどは勤務時間も不規則になりやすく、一度勤務に入ると長時間拘束されるということもあって給与が高く設定されています。

また、トレーラーなど技術が必要とされるものも同様に高くなっています。一般的には平均年収は400~700万円ほどと言われています。

中型トラックドライバー

トラックドライバーの中では平均的な給与水準となっています。エリア内の配送に加えて近隣の他府県くらいまでなら運転することもあり、長距離がまったくないというわけではありません。

しかし小型トラックよりは積載する荷物も多く、その分勤務が大変になる分は給料が高くなっています。こちらも中型免許が必要になるということもあって誰でも運転できるというわけではありません。

平均年収は400~550万円ほどです。県内や近隣の他府県に配送することが多く、日をまたいでの仕事はそれほどありません。

小型トラックドライバー

給与水準が低いのが小型トラックドライバーです。長距離など遠方に行くことはほとんどなく、近くのエリア内で配送をするといったことがメインになります。

車種によっては普通免許で運転できるため、まずはここからドライバーの仕事をするという人が多くなっています。特にドライバー経験がない人であればまずは小型トラックから慣れていくのが良いでしょう。

時間は朝から夕方くらいまでの勤務になることが多く、ある程度規則正しい勤務時間になります。しかしその分、給与水準が低くなりがちで平均年収は350~450万円ほど、手取りは300~400万円ほどと言われています。

大手運送会社年収ランキングトップ10!

こちらから、運送会社年収ランキングになりますが、あくまでドライバーと一般職などを合わせた平均年収を参考に算出しております。

そのため、ドライバーの仕事がかならずこの年収までたどり着くわけではございませんので、参考程度にご覧ください。

1位 日本郵船

海上輸送を中心に行っている日本郵船では平均年収は900万円に達すると言われています。

世界的に事業を行っている三菱グループの中核会社でもあり、現在の三菱グループの大元となった事業でもあります。売上高ランキングでは21位です。

2位 ヤマトHD

クロネコヤマトで有名なヤマトHDです。平均年収は886万円となっておりかなり高額な部類に入っています。

Amazonの商品輸送をしているということもあってスピード重視の事業スタイルを徹底しています。法人、個人両方の仕事を多く扱っています。売上高ランキングでは3位です。

3位 阪急阪神HD

関西地域を中心にして、都市交通、不動産、エンターテイメント、旅行、国際輸送、ホテルなどの事業を展開しているのが阪急阪神HDです。もちろん陸運業も行っています。

それらの事業すべてをおこなっているうえでの正社員の平均年収は919万円となっています。陸運業部門の平均年収は700万円前後と言われています。売上高ランキングでは22位です。

4位 日立物流

システム物流事業を行っている日立物流の平均年収は757万円と言われています。医療機器や工作機器のような繊細な機器の運搬に強みがあり、輸送を手広く行っています。

その他にも倉庫管理などを含めた総合的な物流を行っています。売上高ランキングでは5位です。

5位 近鉄エクスプレス

グループ会社である近鉄グループホールディングスは鉄道、バス、タクシー、運送などの輸送事業だけでなくホテル、ゴルフ場などまで行っている総合グループです。

近鉄エクスプレスは国際物流を中心に行っています。航空貨物、海上貨物、陸運輸送なども扱っており、こちらの平均年収は743万円となっています。売上高ランキングでは7位です。

6位 日本郵政

元々は郵政公社という公営の組織だったのですが民営化されたものです。運送業だけでなく金融事業や保険事業などさまざまなものを手掛けているために安定感は抜群です。

平均年収は775万円となっています。法人相手の仕事もしていますが、個人向けの仕事が多く占めています。売上高ランキングでは2位です。

7位 セイノーHD

カンガルー便が有名なセイノーHDです。セイノーで運べないものはないと言われているほどなんでも取り扱っているのがポイントとなっています。

とにかく小さなものから大きなものまで運び、重量のあるものでも、長距離でも扱っているのが強みと言えます。平均年収は727万円となっています。売上高ランキングでは6位です。

8位 センコーグループHD

流通ロジスティクス、住宅物流、石化・樹脂物流、商事・貿易、引越など輸送や物流に関して手広く扱っているのがセンコーグループHDです。

事業が幅広いためにトラックドライバーの仕事も多岐にわたっています。平均年収は700万円前後と言われています。売上高ランキングでは9位です。

9位 ロジネットジャパン

ロジネットジャパンは札幌通運と中央通運が経営統合してできた会社です。それだけに北海道~東京間の企業物流に安定したシェアがあります。

鉄道コンテナ部門では日本通運に次いで業界2位の売上高となっています。中心となっている運送業は企業相手のものが多くなっています。平均年収は700万円と言われています。売上高ランキングでは26位です。

10位 鴻池運輸

創業は1880年と100年以上の歴史を持つ老舗物流会社です。元は建設業界の鴻池組の一部門でしたが、その物流部門を切り出して1945年に設立されました。

冷蔵・冷凍倉庫を中心とした食品物流事業を中心に事業を行っています。平均年収は520万円前後と言われています。売上高ランキングでは10位です。

大手運送会社の年収は高い!

運送会社は多くありますがやはり大手運送会社の年収は運送業界全体の平均年収から考えても高い水準にあります。

トラックのサイズや走行する距離にもよって給料は変わりますが、同じ仕事をするのであれば大手運送会社の方が給料が高いのです。

まとめ

運送会社は規模も事業内容もさまざまです。どういったものを運ぶかは会社によって大きく違ってくるために、そういった事業内容から会社を選ぶというのも一つの方法です。

また、大手の運送会社ほど平均年収は高いという結果が出ています。これも会社を選ぶ際の目安にしていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手の基礎知識