キャリアカーの積み込みの注意点とは?上手く積み込むコツ

   

キャリアカーはその名前の通り「車を運ぶ車」です。それだけに積み込みの方法もかなり特徴的なものとなっています。

運搬するのが車両という高額なものなので積み降ろしには細心の注意を払わなければなりません。そこでここではキャリアカーの積み込み、積み降ろしについて紹介していきたいと思います。

車が車を運ぶキャリアカー

キャリアカーは車を乗せて運搬するという車両です。運ぶのは軽自動車から2tトラックくらいまでのもので、それよりも大きい車両を運ぶということはまずありません。

それは大きさとして載らないということ、重量的な問題ということがあります。

  • 「新車の納入」
  • 「中古車の移動」
  • 「故障者の運搬」
  • 「マイカー輸送」

など色々な用途があります。自動車を陸送するための重要な手段であり、幅広く利用されています。

運ぶのが基本的に「他人の車両」となるために運搬にはかなりの注意を払わなければなりません。

正しく固定されていなかったり、運転が荒っぽいものであると運んでいる車両にキズがついてしまうということもあるからです。

キャリアカーの種類について

個人所有も多いローダー

キャリアカーの中には複数の車両を一気に運ぶというものもありますが、積載台数が1台だけという「ローダー」があります。これは業務用で大規模に使われることはあまりなく、

  • 整備工場
  • 修理工場
  • ディーラー

などが個人所有していることが多い車両です。同時に何台も運搬する必要がないところで多く使われているのです。

大型キャリアカー

街中を走ることが多い一般的なキャリアカーです。たいていは積載台数が2~5台と複数台の車両を積み込めるようになっています。

運送会社がまとめて車両を運搬することが多く、大規模な運送会社が保有している場合や、運搬を専門にしている企業に下請けでしているということもあります。

トレーラー

積載台数が6台になるのが大型トレーラーです。とにかくホイールベースが長く、運転がしにくい車両であり、そこに車両が複数台積載されていますので高い運転技術と安全意識が必要とされる車両でもあります。

右折、左折、高さ制限など色々なものに注意しなければいけないということもあります。

キャリアカーの積み込み方法について

自分で運転して積み込み

キャリアカーに積み込む際にはその車が自走できる状態なのであれば基本的には自走させて積み込みます。

キャリアカーに載せる際には狭い場所に載せることになるためにそれだけの運転技術が必要となってきます。

また、実際に載せる前に車両に

  • キズがついていないか
  • 汚れがないか

を必ず確認しなければいけません。ここで確認しておかないと、事前についていたキズなのか運搬中についたキズなのかがわからなくなってしまうからです。

ウィンチで積み込み

  • 自走できない車両
  • 故障して動かない車両

を積載する場合はウインチを使用して積み込みます。この場合もウインチの使用の仕方を間違えたりするとキズがついてしまうことがありますので注意が必要です。

キャリアカーにユニックが装備されているものであれば、それを操作して積み込むということになります。

キャリアカーへの積み降ろし手順と注意点について

積み込み手順

積載する前に現車確認をしたらキャリアカーに積み込むためのスロープを設置します。このスロープはガイドラインに沿って設置すると確実です。

そして積載する車を自走させて積み込みをします。スロープは狭いので慎重に載せていきます

積載できれば車を固定していきます。ワイヤーを4~6ヶ所使用して固定をし、輪止めもかけていきます。固定が甘かったりすると運搬中にキズがつく原因となります。

また、スロープは出したままで走行すると法令違反になります。必ず収納しておきましょう

荷降ろし手順

荷降ろしは車両を積み込んだ時と反対の順番で行っていきます。

まず固定しているワイヤーなどを外していくのですが、このワイヤーや止め具が車に当たってキズがついてしまうことがあるので注意しなければいけません。

また、止め具を適当に置いておくと車を降ろす際に邪魔になるので、離して置いておきましょう。

そして収納していたスロープを設置します。しっかりガイドラインに沿って設置しましょう。

その後、車両をキャリアカーから降ろしていきます。狭い幅を通って降ろすのでキズをつけないように注意して降ろしましょう。

キャリアカーへの積み込みは高さ制限にも注意!

キャリアカーを積み込んで運転する際に注意しなければいけないのが「高さ」です。特に2段になっていて複数の車両を積載するキャリアカーの場合は車両を積載するとかなりの高さに達します。

この高さの感覚がないと、トンネル、高架下、標識、木の枝などに当たってしまうということがあるのです。もちろんこういったものに当たってしまうと車両にキズがついたり破損したりすることになります。

高級車を運搬しているときなどは補償問題も大変になってきますので、高さには十分に注意をするようにしましょう。

高さを確認しないまま走行しているとトンネルや高架下を通過することができずに立ち往生してしまうことにもなりかねません。

運転する前にルートを確認して

  • 高さ制限がないかどうか
  • 道路幅はどういったものか

ということを調べた上で走行するようにしましょう。

まとめ

キャリアカーは車両という大きくて高額なものを運搬するために注意しなければいけないことが数多くあります。

また、大きさ、高さもかなりのものとなりますのでしっかり確認をした上で運転するようにしましょう。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す