コンテナの荷降ろし作業はきつい?給料や働くメリットとは

   

コンテナの荷降ろし業務をしている人は、体の負担などが気になるところですよね。

この記事では、コンテナの荷降ろし作業のきつさやメリット、給料などについて解説します!

コンテナの荷降ろし作業はきついの?

コンテナの荷降ろし作業は、重い荷物をパレットの上に乗せるという単純な作業です。単純な作業ですが決してラクではありません。

荷降ろし作業についての口コミの中でも、

  • 二日目で手が痙攣して辞めた
  • 一日働いただけで物を持つのが嫌になる程手首が痛くなった
  • 重い荷物を上げたり下げたりの繰り返しでまるでウエイトトレーニングをしているようできつかった
  • 半年続けると体型が変わるほどきつかった
  • 200kgだった背筋力が、二年半バイトを続けて300kgを越えた。きつかったけどいい筋トレになった。
    などやはりきつい口コミのほうが多いです。

コンテナの荷降ろし作業がきついと言われる理由

重い荷物を扱うことも多く体力勝負

コンテナの荷降ろし作業の荷物は一つ10kg〜30kgと重い荷物が多いです。作業でフォークリフトを利用する会社もあれば、人力で行う会社もあります。

しかしアルバイトで荷降ろし作業を行う場合フォークリフトを利用している会社はあまりありません。

人力の場合20個程度続くだけで汗が吹き出るほどだとか。そのような作業を1日8時間と考えるとやはり体力は必要不可欠です。

さらに荷降ろし作業は体力だけではなく手首や腰にも支障をきたします荷物の上げ下げに耐える腰の力、上げ下げする荷物を落とさない握力も必要です。

季節ごとの辛さもある

荷降ろし作業は夏は暑さに耐え、冬は寒さに耐えなければいけません。季節ごとの辛さは外での作業、工場内での作業のどちらにも関係しています。

夏は炎天下の中重い荷物を運ばなければいけないので、熱中症や脱水症状に注意する必要があります。工場内の作業でも冷房が良く効いている工場は少ないです。

アルバイトの場合服装は自由な場合が多いので、必ず通気性の良い涼しい格好で作業を行いましょう。また帽子を被るなど熱中症対策も必須です。水分補給も忘れずに。

冬は寒さ対策が必須ですが、作業中は冬でも汗をかくほど暑くなるのであまり着込まずに脱ぎ着できる服装がおすすめです。

アルバイトの場合は人力作業がメイン

会社により作業にフォークリフトを利用する会社もあります。しかしアルバイトのほとんどは人力作業がメインです。

フォークリフトを運転するには、フォークリフト運転技能講習修了証という専用免許が必要です。

しかしフォークリフト免許は最大5日、最短2日で取得できる免許です。荷降ろしのアルバイトを長期で考えている方はフォークリフト免許を取得するのもいいでしょう。

きついけどコンテナ荷降ろし作業のメリット

給料が比較的良い

作業の内容がきつい分、時給1000円〜1500円と給料は良いです。長期で募集しているところ、短期で募集しているところの両方あるので自分の働きたい日数や時間、金額にあったところが見つかります。

求人サイトなどを見ていると緊急募集している会社も多く、そのような場合さらに時給が高くなります。時給に加え交通費を頂ける会社もあるので、金銭面に関して不満を抱く人は少ないでしょう。

単純作業

作業は荷物を運ぶだけの単純作業がほとんどです。単純作業・繰り返し作業が好きな人におすすめのアルバイトです。

繰り返し荷物を上げたり下げたり同じ動きをするので、足腰や腕が鍛えられます。しかし筋肉痛や手首の腱鞘炎にもなりがちなので注意しましょう。

どんな人がコンテナ荷降ろし作業に向いてるの?

何度もいうように体力勝負の仕事です。体力に自信があり、足腰が強い人は荷降ろし作業に向いています。重い荷物を運ぶので腰痛持ちの人はあまり向いていません。

体力はあるが、単純作業が嫌になり辞める方も多いようです。単純作業が苦手な方もあまり向いていません。また短期間でがっつり稼ぎたい方や長期で高時給で稼ぎたい方にはおすすめです。

コンテナ作業の気になるQ&A

フォークリフトを使って荷降ろしできないの?

フォークリフトを利用するにはフォークリフト運転技能講習修了証というフォークリフト専用の免許が必要です。免許は18歳以上の方なら講習や試験を受け、合格すると誰でも取得できます。

アルバイトで働く場合免許を持っていない方が大半のため、人力作業になります。また専用免許を持たずに運転すると違法行為になり罰則が与えられます。

試験の合格率は98%と言われているので、無免許運転はせず必要な場合は必ず免許を取得しましょう。

トラック運転手は荷降ろししないの?

トラックの運転手の仕事は現場まで荷物を運ぶことです。決して手を抜いているわけではなく、契約にも荷降ろしをしないという条件が含まれている会社がほとんどです。

また運転手が荷降ろしを手伝った際に荷物になにか問題があった場合、その運転手にも責任があると判断されてしまいます。

あくまでも運転手の仕事は荷物を運ぶことなので、問題に巻き込まれないためにも運転手は運転席で待っているのが基本です。

コンテナ荷降ろしを少しでも楽にする方法やコツは?

フォークリフトやローラーが使えない場合、粉末のロウをコンテナ内にふりかけます。ふりかけたロウがローラー代わりになり滑りやすくなります。

ロウを用意できない場合は砂でも代用できます。滑りやすくなり少しの力で動かすことが可能になります。荷降ろしが終わった後は、ロウや砂の処理を忘れずに。

まとめ

いかがでしたか?数十キロある荷物を1日に何百と運ぶコンテナの荷降ろし作業は、決してラクな仕事ではありません。

しかしがっつり稼ぎたい・単純作業が好き・体力がある・足腰が強い方におすすめです。また働く上で動きやすい服装・タオル・水分は必須です。

さらに荷物を持った時に爪に当たり、爪が折れてしまったり割れてしまう事故も多いため、爪を短くしておくことも大事です。

働く上で最も大切なのは自分が楽しめる環境で働くことができるかどうかです。やはり合う合わないがあるので、いきなり長期で応募するのではなくまずは短期で職場環境を知るのもいいでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報