トラック運転手は未経験でもなれる!転職した人の生の声、未経験者のよくある誤解、失敗しない会社選びなど

   

トラック運転手は、未経験でも就職することができるのでしょうか?未経験でトラック運転手を目指している方も多いと思いますが、「自分でもなれるのかな…」と不安かと思います。

結論、トラック運転手は未経験者でもなりやすい仕事です。実際に、未経験からトラック運転手になり、現在活躍している人は多くいます。

ただし、運送会社はいわゆるブラック企業が多く、知識の少ない未経験者がトラック運転手として転職する場合、企業選びを間違えないようにしっかりリサーチする必要があります。

この記事では、未経験でもトラック運転手に転職できる理由や、未経験の人が転職の際に気をつけるべきことをご紹介します!

未経験でもトラック運転手に転職できる理由

未経験でもトラック運転手に転職することは可能です。実際に、多くの求人サイトで、未経験のトラック運転手を募集しています。

なぜ、未経験でもトラック運転手に転職しやすいのかを、下記2つのポイントに分けてご紹介します。

  1. 運送会社は人手不足で、常に働き手を求めている
  2. トラック運転手は学歴や経験より、これからの伸び代

運送会社は人手不足で、常に働き手を求めている

未経験でもトラック運転手に転職しやすい理由として、運送会社の慢性的な人手不足があります。

国交省がまとめた資料によると、国内のトラック運送業界にて、全体の58%の企業が「人手が不足していると感じる」と回答しています

トラック運転手不足
そのため、トラック会社は「未経験でも大歓迎!」という会社が非常に多いのです。

トラック運転手は学歴や経験より、これからの伸び代

未経験でもトラック運転手に転職しやすいもう一つの理由として、トラック運転手になる条件が、皆さんが思っているほど厳しくないということが挙げられます。

未経験の方の中には、「厳しい運転試験を受けないといけないんじゃないか…」「普通免許だけじゃトラック運転手になれないんじゃ…」と思ってる方もいるかと思いますが、実際そんなことはありません。

トラック運転手になるための条件は以下の3つです。

    1. 健康であること
    2. 日本語が話せること
    3. 普通免許以上を持っていること

極論、この3つが揃っていれば、正社員としてトラック運転手になることができます。

もちろん、中型免許や大型免許があると、就職の幅が広がり年収アップも見込めます。ただし、これから中型免許や大型免許を取る意欲があれば、現時点で普通免許しかなくても、十分トラック運転手に就職することは可能です

面接官が重視するのは、それまでの経歴より、働く意欲や適正です。伸び代があれば、未経験でもトラック運転手になることは十分可能なのです。

トラック運転 未経験者によくある勘違い

トラック運転手を経験したことがない人は、トラック運転手に対して様々なイメージを持っていると思います。

間違ったイメージを持っていると、就職してから痛い目にあう可能性があるので、今のうちにただしておいた方がいいでしょう。ここでは、トラック運転未経験者によくある勘違いをご紹介します。

2トントラックは簡単に運転できると思っている

宅配便配送やルート配送など、短距離トラック運転手が運転するのが2tトラックです。

普通免許で運転できる2tトラックですが、もちろん、乗用車の運転より難易度は高くなります。普通免許を持っていれば運転できるだろう、と甘く考えている人もいますが、慣れるまである程度練習が必要です。

大きめの乗用車の運転でも十分練習になるので、普通免許でトラック運転手になろうと思っている方は、ぜひ練習しておくことをおすすめします。

普通免許で4トントラックを運転できると思っている

4tトラックは運送会社で非常に重宝され、4tトラックが運転できれば転職の幅がぐっと広がります。

しかし、4tトラックは普通免許や準中型免許では運転できません。意外に多い勘違いが、【普通免許で4tトラックが運転できる】という勘違いです。

4tトラックを運転するには【中型免許】の取得が必須です。もちろん、普通免許でもトラック運転手にはなれますが、より高い収入を目指している方は、中型免許を取得することをおすすめします。

大型トラックは難易度が高すぎると思っている

大型トラックが運転できれば長距離の配送が可能になり、トラック運転手の中でも非常に高い年収を目指すことができます。経験を積むと、年収600万円も十分可能です。

しかし、多くの未経験者は、「大型トラックは自分には無理だろう…」と最初から諦めてしまっています。

今活躍している大型トラック運転手は、みんな初心者からのスタートです。トラック運転手を目指している方は、ぜひ大型免許の取得を目指してください!

コミュニケーション能力がなくても問題ないと思っている

トラック運転手は仕事の大半を1人で過ごすため、1人が好きな人には向いている仕事だと言えます。

そこでよくある勘違いが、「コミュ障の自分でもトラック運転手になれるだろう」、というものです。トラック運転手は荷主とのやりとりが多く、意外とコミュニケーションスキルが大事な仕事なのです。セールスドライバーの場合は特にコミュニケーション能力が必要です。

そのため、接客業の経験がある人は、トラック運転手に向いていたりします。

未経験からトラック運転手になった人の声

実際に、未経験からトラック運転手になった人から「トラック運転手になってよかった!」という声を多く聞きます。

ここでは、実際のトラック運転手の声をご紹介します。

精神的にも肉体的にも成長することができた

トラック運転手は、ただトラックを運転するだけの楽な仕事と思っていましたが、実際トラック運転手になるとすごくタフな仕事であることを実感します。決まった時間に商品を届けなければいけない、事故を起こさず安全運転しないといけないという精神的プレッシャーから、荷物の積み下ろしなどの肉体的なチャレンジを通して、心身ともに大きく成長したように感じます。トラック運転手の仕事をしていると、多少のことでへこたれることが無くなります。

- トラック運転手歴2年 Aさん(37歳)

給料が以前の倍以上になった

もともとアルバイトで、月収13万ちょっとしかなかったのですが、中距離トラック運転手になったことで月収が30万円になり、以前の2倍以上になりました。今、大型免許を取得しようと考えているのですが、長距離トラック運転手になれば月収50万円も夢じゃありません。この給与は、周りの同世代の月額の給与水準を大きく上周っています。高給を稼ぎたい人は、今の給与の安い仕事を辞めて、高給が稼げるトラック運転手の仕事に転職するべきです。

- トラック運転手歴1年 Tさん(24歳)

トラック運転のスキルがつき自信になった

5年以上トラック運転手として働き、トラックの運転なら誰にも負けない、という自信がつきました。今まで自分の中に確固とした自信というものがなかったので、自分のアイデンティティーとなるスキルを持つことができて、今とても幸せです。自分に自信をつけることができれば、この歳でも毎日ポジティブに生きる事ができます。

- トラック運転手歴 5年 Hさん(54歳)

物流を支える仕事という誇りを持てるようになった

トラック運転手として働き始めて、トラック運転手がいかに日本の物流を支える上で重要な仕事であるかを実感します。私は大型トラックを運転していて、大きな荷物を遠くまで運ぶ仕事をしています。自分が仕事をすることで、より多くの人に荷物を届け、喜んでもらうことができる、そしてそれによって日本の物流を支えている。大げさですが、そう考えるとトラック運転手って社会を支える重要な仕事で、誇りを持って仕事することができます。

- トラック運転手歴3年 Kさん(49歳)

未経験で転職した後の流れ

未経験でトラック運転手に転職する場合、入社してからの流れがきになる人も多いかと思います。

入社すると以下のようなステップを踏むことが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 必要な免許を取得する
  2. 助手としてトラックに横乗りする
  3. 独り立ちする

1. 必要な免許を取得する

乗るトラックの種類によりますが、大体の場合、入社してから免許取得をすることになります。

免許取得が必要な場合、会社が取得費用を出してくれることもあれば、自己負担になることもあります。

自己負担の場合、最低でも10万円以上の出費になるので、入社前に確認することをオススメします。

2. 助手としてトラックに横乗りする

トラック運転手には研修期間のようなものがあり、先輩ドライバーに同行し仕事内容を教えてもらいます。トラックの助手席に乗るので、「横乗り」と呼ばれています。

この横乗り期間は、だいたい1週間〜1ヶ月程度となっていますが、体験談などを見ていると、あまり教えられずに放り出された、という人も多くいます。

トラック運転手は寡黙な人が多く、教えるのが苦手な先輩と横乗りする可能性も高いため、このような体験談が多いのだと思います。

もし不安な場合、「未経験なので、横乗りの期間を長めに取って教えて欲しい」と事前に伝えておきましょう。

3. 独り立ちする

横乗りを終えた後は、1人で仕事をこなしていきます。

人にもよりますが、未経験者の場合、独り立ちするまで1ヶ月程度かかると考えた方がいいでしょう。

未経験者がトラック運転手になるときに気をつけるべきこと

未経験者がトラック運転手に転職する際に注意すべきことは、正しい会社選びをする、ということです。

運送会社は労働基準法を守らない悪質な企業も多いため、優良企業を見極めることが非常に重要です。

無料サービスを有効活用するべし

自分で優良企業を判断するのは難しい…と悩んでいる方は、無料で使える転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは、中立な立場で、条件に合った会社を無料で紹介してくれます。

未経験者がトラック運転手として楽しく働くには、正しい会社選びがとても重要です。

<転職エージェントの特徴>

  • ネットには出ない非公開の優良企業を知っている
  • 無料の面接対策で、転職成功する確率が高まる
  • 年収交渉を無料で行ってくれる

まだ、転職エージェントをいきなり使うのは怖いと思っている方もいらっしゃいますよね。そんな方は、下記から希望の年収や条件などご記入頂ければ、あなたに合った求人を検索することができます。

その中で興味がある求人が見つかったり、転職活動を進めたいと思ったりした方は転職エージェントに相談してみてください

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報