スマホドライブレコーダーが熱を持ってしまったときの対処法とは?

   

最近は運転中にトラブルに発展した時のためにドライブレコーダーを搭載している車がとても多いですね。ただまだまだ高価なものなので搭載していない方も多いです。

ところが最近はスマホアプリが登場して利用者も増加しています。

事実おすすめなのですがスマホが熱を持つ事があるので、今回はスマホドライブレコーダーの熱対策、そしてメリットをご紹介いたします。

ドライブレコーダーの重要性

ドライブレコーダーは何のためにあるのか?

名前の通り、ドライブレコーダーは

  • 運転している時の道路の状況や周囲の状況をつぶさに記録する
  • 車内で起こった事も記録する事ができる

などドライバーがいるいないに限らず撮影する事が可能です。

使い道は人それぞれですが、

  • 事故や駐車中の犯罪に巻き込まれた時の状況を記録する
  • ドライブをしている状況を記録して思い出として残す
  • 撮影した動画を動画サイトにアップしたりするのに利用する

などいらっしゃるようです。

ドライブレコーダーの搭載率が上がった事によって

  • 様々な記録映像が世に出てくるようになった
  • 重要な証拠になり事件の解決につながる

などもあります。

このようにドライブレコーダーはとても高い重要性があるアイテムなのです。

おすすめのドライブレコーダーアプリは?

スマホにドライブレコーダーアプリを利用する人が増えています。その中でも二つほど優秀でおすすめのドライブレコーダーアプリをご紹介していきます。

まずは『DaliyRoadsVoyager』というスマホドライブレコーダーアプリです。

このアプリのおすすめの点は

  • 「衝撃時録画機能」
  • 「常時録画機能」
  • 「地図表示機能」

などが備わっていて、細かく設定すれば普通のドライブレコーダーと変わらず使えるのでおすすめです。

他にもアプリはあるのですが、次におすすめなのが『Tzutalinドライブレコーダー』です。

いくつもの機能が備わっているわけではありませんが、電池の消費量が少ないので長時間使う事ができます。記録用としては一番おすすめかもしれません。

スマホをドライブレコーダーとして使用するメリット

ここではどうしてスマホアプリをドライブレコーダーとして使う方が良いのかについてを簡単にお話いたします。

取り付けが容易

まずはスマホなので取り付けようと思ったらどこにでも簡単に設置する事が可能であるという点です。普通にダッシュボードの上にスマホ用のホルダーを設置すれば簡単に取り付ける事ができます。

もちろん最近はスマホをドライブレコーダー替わりにつけている方が増えているからか、バイザーに取り付けるための専用ホルダーも販売しています。

持ち運びができるのも良いですね。また仕事で使うにしても自宅で使うにしてもどこでも同じものが使えるのでスマホアプリを活用する人が増加しているのですね。

コスト面でも優秀

ドライブレコーダーを購入するとどのくらいの費用がかかるかご存知でしょうか?

機種やメーカーによって多少の違いがあるかもしれませんが、決して安いお買い物とは言えませんよね。特に後からつける場合は高めです。

ところがスマホのドライブレコーダーアプリを使えば基本的には『無料』で使う事が可能です。

もしもトラック業界で保有しているトラック全部にドライブレコーダーを搭載するとなると費用がバカになりませんが、スマホアプリにすれば費用がかかりません。

無料で使えて機能が豊富なだけではなくスマホにデータを残す事ができるので大きなメリットがあると考えられます。

他の車と共有できる

トラックなどの運送業の場合は固定するドライブレコーダーだと取り付けた車だけしかドライブレコーダーを使う事ができません。ところがスマホアプリでドライブレコーダーを使うとどの車でも使う事が可能となります。

使用するトラックにスマホを持っていき、ホルダーにはめ込めばすぐに使う事が可能になりますよね。できるだけドライブレコーダーなどの費用を抑えたいですよね。また、共有する事でデータを集めるのも簡単です。

一度の設定で同じように使えるのも良いですね。仕事でも自家用車でも使えるのは重宝しますよね。

スマホドライブレコーダーの熱対策は必須なのか?

さて、ドライバーにとってドライブレコーダーの重要性やメリットなどをご紹介いたしましたが、全くデメリットが無いというわけではありません。

やはり便利でも一つくらいは欠点があるものなのです。その欠点こそが『熱』です。

皆さんもスマホを使っていてスマホに熱を持つのを実感された事がある方いらっしゃいませんか?

実は長時間スマホのアプリを起動していると、熱を発してしまうので熱対策をする必要があるのですね。もちろんドライブレコーダーも熱対策が必要です。

もしも熱対策をせずに使い続けていると、スマホ本体を破損する可能性があったり熱暴走を起こす事もあるので熱対策はした方が良いでしょう。

スマホドライブレコーダーの熱対策について

ここではスマホドライブレコーダーを使うための熱対策についてをご紹介いたします。

直射日光を避ける

スマホは長時間使用すると熱を発します。高温になり過ぎると自動的に電源が切れてしまう事があるのです。

特にダッシュボードに取り付けて使う時には『直射日光』には注意が必要です。スマホが発する熱と日光による熱が重なります。

すると最悪の場合は電源が一時的に切れてしまうのです。これは熱暴走によって誤作動を起こさないようにするための工夫が必要になるのです。つまり熱対策のためのグッズを同時に使う事が望ましいわけですね。

しかしながらダッシュボードで使用するのが一番記録として役立ちます。この場合は直射日光を遮る屋根的なものを使うと良いかもしれません。

エアコンの吹き出し口で使用する

熱暴走を防止するには冷たい冷気を利用したいですよね。そこでおすすめなのがエアコンからの冷たい冷気を上手に活用していく事をおすすめします。

ダッシュボードに近い場所にホルダーを取り付けて、冷気がスマホの冷気を取り除けるようにします。

吹き出し口付近で使うためのホルダーを使うのもおすすめですが、吹き出し口から冷たい冷気をダッシュボードまで引く事ができるようなグッズを活用すると良いでしょう。そんな便利なグッズをどこで手に入れるのかも重要ですね。

専用のホルダーを購入しても良いですが、ホルダーと車との接触部分が離れていると振動が伝わって画像がぶれる事があるので、振動があまり伝わらない素材や長さのものを選ぶと良いですね。

 

気になるスマホドライブレコーダーの性能は?

ドライブレコーダーの専用機には様々な機能がついていますし、専用機なので当然ですがスマホアプリよりも良いのですが、最近のスマホアプリは機能もかなり充実してきているのは事実です。

例えば今回おすすめしたアプリは衝撃を感じたら録画が始まります。さらにナビとしても使えるのでナビとドライブレコーダーの両方の効果を実感する事ができます。

また、ドライブレコーダーのように配線しなくてもどこでも使えるので機動力も抜群です。

ほとんど無料ですが、数百円払うだけで障害物発見時のアラートを鳴らすタイプもあります。スマホならではですが画質調整が自由なものもあるので、メモリの残量を気にする事なく使う事ができるでしょう。

それにホルダーも色々と出ているので使いやすいものを選べるのも良いですね。ただし多機能なスマホアプリを選択する必要があるので選ぶ時には慎重に選ぶ事をおすすめします。

まとめ

今回は最近人気のスマホドライブレコーダーについてご紹介いたしました。ドライブレコーダー専用機との比較やメリットなどについてもご紹介いたしました。

もしもこれからドライブレコーダーを検討しているのなら、スマホアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手の基礎知識

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す