トラック運転手を辞めたいと思ったら|確認すべき3つの原因と対策

   

トラック運転手は新3K(きつい・給料が安い・帰れない)と言われています。

実際に上記の新3Kのような労働環境の運送会社は多くありますが、運送会社の雇用条件は実際は様々で、毎日定時近い時間で帰ることのできるドライバーもいます。

労働条件の厳しい会社で働いているドライバーは「他の運送会社もどうせそうだから」とその環境が当たり前ではないことに気がついていない場合が多いです。

「トラック運転手を辞めたい」と思ったときに辞めるべきかどうかを判断するには、その原因を特定する必要があります。

この記事ではトラックドライバーが辞めたいと思う主な原因を分析しながら、今の状況を改善する方法を説明します。

トラック運転手を辞めたいと感じる主な3つの原因

倒れる作業着の男性
トラック運転手を辞めたいと思う主な原因は以下の3つが挙げられます。

①給料が低い

②仕事時間が長い

③仕事内容がキツい

それでは以下でそれぞれを説明していきます。

①給料が低い

トラック運転手は肉体労働が多く、労働時間が長いのに給料が低い会社も多くあります。

自分の給料が安いかどうかについてはトラック運転手の平均年収と比較するとよいです。
平均年収
引用元:平均年収.jp

トラック運転手の平均年収と比較して、給料が安い場合には転職を考えるべきです。

②仕事時間が長い

4時間以上の連続運転時間や終業から8時間以内に翌日の仕事が始まる場合には労働基準法に違反しています。

法律の基準を無視した労働は法的に認められないだけでなく体に大きな負担を与えてしまいます。

労働基準法に反する労働時間で働いている場合には転職を考えるべきです。

③仕事内容がキツい

トラック運転手は荷積み荷降ろしや夜配など体力的に厳しい仕事が多いです。

無理な働き方を続けると今はよくても、年を重ねるごとにどんどん響いてきます。

足腰の痛みやストレスや過剰な疲れで眠れない日々が続く場合には転職を考えるべきです。

トラック運転手としての経験を活かしながら、体に負担の少ない職種で働きたい場合には運行管理者への転職も選択肢の一つといえます。

仕事を辞めたい原因は今の会社の労働環境にある

教えてgoo_質問
教えてgoo_回答
引用:教えて!goo

【質問】

トラック運転手の職種について質問します。

どのような種類のトラックが一番キツくないでしょうか??
(中略)
平ボディーでもどういったものでもよいので、比較的肉体的にキツくない、初心者でもなんとかなりそうな種類の大型ドライバーはどういったものがあるのか、経験者
様お教えくださいますでしょうか・・・

月30前後あればいいです。

【回答】
(前略)
荷主や納品先は自分で選>べないので、何を選んでもキツイ日はあります。車の種類よりも雇用条件を重視したほうが良いかと思います。

上記は「教えて!goo」でのトラック運転手なるべきかどうかを迷っている方の投稿です。

トラック運転手は車種だけでなく、働く会社によって肉体的・精神的なキツさが大きく異なります。

中型トラックでエリア配送にも関わらず、家に帰る時間がないという人もいます。

上記の①〜③に1つでも当てはまる場合には転職を考えたほうがよいです。

ただしトラック運転手ではなくデスクワークなどの異業種への転職はおすすめしません。

未経験の異業種への転職は経験の部分で周りの求職者と比較して給料が確実に下がりますし、転職できたとしても出世できるという期待はできません。

ある程度トラック運転手として経験を積んでいればよりよい条件の企業で運転手として活躍できる可能性が高いため、まずは運送業での転職を検討してみることをおすすめします。

今より好条件で転職するには運送業界に強い「エージェント」を活用しよう

スーツ_ワンポイント
転職エージェントは多くの人と会社とやりとりしているため正確に人材市場の価値を把握できます。

しかし、エージェントにも強みのある業界の違いなど特徴が分かれています。

幅広い業界の転職を勧めるエージェントは例えその人が運送業の中の高い市場価値があったとしても、それを見分けることができません。

他の業界の転職を勧めるエージェントよりも運送業に特化したエージェントを活用した方が転職で成功する確率は高いと言えます。

エージェントはネット上や求人誌で扱っていない非公開求人を紹介できたり、倍率の高い好条件の会社への合格の可能性を高める方法を知っています。

相談から書類の添削や面接練習も求職者に費用は一切かからないので、「辞めたい」と感じたらまずは転職エージェントを活用してみることをおすすめします。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

driverjob

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - 転職お役立ち情報